研究推進センター研究推進センター

松本直通教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2017.08.18
  • TOPICS
  • 研究

松本直通教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学医学研究科の松本直通教授らが出願していた下記の特許が、2017年6月30日付で日本において特許権として設定登録されました。
発明の名称  ミトコンドリア複合体III欠乏症患者又は保因者の検出方法
出願日 2013年8月9日
発明者 松本直通、三宅紀子
登録日 2017年6月30日
番 号 第6164696号
特許成立国 日本
内 容 本発明は、遺伝的原因の大多数が未だ不明であるCIII欠乏症について、確定診断に有用な新規な手段を提供する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加