研究推進センター研究推進センター

関本奏子助教らの研究成果が、米国で特許として成立しました。

2017.08.18
  • TOPICS
  • 研究

関本奏子助教らの研究成果が、米国で特許として成立しました。

本学生命ナノシステム科学研究科の関本奏子助教らが、株式会社島津製作所と共同出願していた下記の特許が、2017年6月27日付で米国において特許権として成立しました。なお、本件の日本出願はすでに特許登録されており、欧州及び中国の出願については審査請求中です。
発明の名称  イオン化装置及び質量分析装置
出願日 2013年8月2日
発明者 関本奏子、高山光男(奥村大輔(株式会社島津製作所))
登録日 2017年6月27日
番 号 9,691,598
特許成立国 米国
内 容 本発明は、主として質量分析装置のイオン源として用いられるイオン化装置、及び該イオン化装置を用いた質量分析装置に関する。

※本特許技術は、下記のとおり製品化されています。
http://www.yokohama-cu.ac.jp/univ/pr/press/140610.html
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加