研究推進センター研究推進センター

谷口英樹教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2017.07.14
  • TOPICS
  • 研究

谷口英樹教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学医学研究科の谷口英樹教授らが、株式会社クラレと共同出願していた下記の特許が、2017年6月16日付で日本において特許権として登録されました。なお、本件はすでに欧州において特許権として登録されています。
発明の名称  多能性哺乳細胞を分化させる培養方法
出願日 2011年3月23日
発明者  谷口英樹、鄭允文、関根圭輔(一丁田洋子、田崎剛、細田雅也、福田始弘(株式会社クラレ))
登録日  2017年6月16日
番 号  特許第6159529号
特許成立国 日本
内 容 本発明は、多能性細胞の培養に関し、特に、多能性哺乳細胞を分化させる培養方法に関する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加