医学部医学科・医学研究科医科学専攻医学部医学科
医学研究科医科学専攻

沿革

沿革

横浜の医学・医療

 -アメリカ・イギリス医学の開花は文明開化の地横浜から-
横浜の近代医療の歴史は明治初年のヘボン、シモンズの開業医活動に始まり、明治4年早矢仕有的が日本で2番目の洋式病院を開院しました。これが横浜共立病院、県立十全病院(明治7年)、市立十全病院を経て、今日の横浜市立大学医学部病院へと発展してきています。医学部は、昭和19年横浜市立医学専門学校として設立され、横浜医科大学時代を経て、昭和27年に現在の医学部になり、60年の歴史を持つに至りました。現在の福浦キャンパスには、昭和62年に医学部が、平成3年に附属病院が完成し、海浜公園に連なる恵まれた環境のもと、本医学部は最新の教育・研究・診療設備を備えた魅力ある勉学と臨床研修の場として、また高度先進医療の拠点として、市民の信頼に支えられてますます発展しています。 

医学部 医学科