ナビゲーションをスキップして本文へ
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 医学科  > カリキュラム

カリキュラム

医学科カリキュラム全体像

医学科カリキュラムは、1年次に金沢八景キャンパスで受講する「共通教養科目・医学基礎教育科目」と、2年次以降の福浦キャンパスでの「医学科専門教育科目」のカリキュラムから成り立っています。「医学科専門教育科目」では、医学教育モデル・コア・カリキュラム(文部科学省が提言する学習ガイドライン)をふまえて学習します。4年次までにコア・カリキュラムを含む、基礎医学から社会医学・臨床医学までの講義および基礎医学実習などを履修し、全国規模の「共用試験」を受験します。この試験は医学知識の基礎レベルを評価するCBTと診療技能や態度を評価するOSCEからなります。両方に合格しないと臨床実習に進むことができません。附属病院と附属市民総合医療センターでの臨床実習を終え、卒業試験ですべての必修科目に合格すると卒業が認められます。在学時の6年間を通じて、学生一人ひとりに担任が配置され、就学面をサポートする体制を取っています。さらに、医師国家試験に合格すると医師免許を取得することができます。本学の医師国家試験合格率は例年高い実績を収めています。

医学基礎教育(1年次・5年次)

教養ゼミ、Practical Englishに加えて、数学・物理学・化学・生物学・臨床心理学などの分野を学習し、専門教育を受けるための基盤となる知識や考え方を修得します。また、医療を実践する上で必要不可欠な探究心・想像力・柔軟な思考力・コミュニケーション力などを養うため教室体験演習を行い、診療や研究が行われている医療現場を体験します。さらに、英語力を医療現場で活かせる能力を養うため、5年次で医学英語を学びます。

基礎医学(2年次〜5年次)

医学の基礎となる学問領域で、正常な人体の構造と機能、および様々な疾患の原因と引き起こされる病態・薬物の作用などについて、個体・組織・細胞レベルから分子構造レベルまで、幅広い視点から学習します。解剖・発生学、組織学、分子細胞生物学、生化学、生理学、微生物学、薬理学、免疫学、病理学、遺伝学、再生医学などについて、講義と実習を通して、知識、論理的な考え方と研究手法を学びます。

社会医学(3年次・6年次)

個人と集団、健康に影響する様々な環境や社会要因、政策とのつながりについて学びます。疫学や予防医学、地域保健医療学、公衆衛生学、環境医学、法医学などについて理解を深め、最終学年では地域保健医療学を学ぶ一環として、診療所などの地域医療機関や保健所で地域保健医療学実習も行われます。

医学概論(2年次〜3年次)

医師には、様々な医療スタッフと連携して患者さんと信頼関係を築くことが求められます。医師に必須の倫理観、ヒューマニティ(人間性や社会性)やプロフェッショナリズムの育成のための内容を、医療倫理学や医療コミュニケーション論などの科目を通して学びます。

臨床医学(3年次〜4年次)

臨床医および医学研究者になるために必要不可欠な臨床医学の基本的重要事項について、主に講義による授業を通して学習します。内科系科目として、アレルギー・膠原病学、血液学、呼吸器内科学、感染症学、循環器内科学、腎臓内科学、内分泌・代謝学、神経内科学・脳卒中医学、消化器内科学、外科系科目として、外科学、産婦人科学、麻酔科学、救急医学、耳鼻咽喉科学、脳神経外科学、皮膚科学、泌尿器科学、整形外科学、眼科学、口腔外科学、および内科系・外科系以外の科目として、小児科学、精神医学、放射線医学、リハビリテーション医学、臨床薬理学、東洋医学、臨床検査医学、臨床腫瘍学などを学びます。また、症候や病態について、問題基盤型の授業(PBL)も行われます。

研究実習(リサーチ・クラークシップ)(4年次)

基礎医学教室または臨床医学教室に一学期間所属して、医学研究を体験します。研究体験を通して、現在の医療がこれまでの膨大な医学研究の上に成り立っていることを知り、医療人として医学知識と医療技術を駆使できるだけでなく、今後の医療レベルの向上に対して、自分自身がどのように貢献できるかを考え、科学者として医学研究を実践していくための考え方や技術を学習します。

診療入門(4年次〜6年次)

診療に関する基本知識や臓器系統を横断する症状・徴候・病態について学びます。また、医療面接法や身体診察法などの診療技能を実習や演習を通して身につけます。これらの実践的な学習内容(実技や態度)は、共用試験(OSCE)により評価されます。医療安全についてもここで学びます。

臨床実習(クリニカル・クラークシップ) (5年次〜6年次)

4年次末の共用試験(CBT・OSCE)に合格すると、クリニカル・クラークシップと呼ばれる診療参加型の病棟実習を行う資格が与えられます。チームの一員として診療に参加し、上級医の指導のもとに様々な職種のスタッフと連携して、患者さんとの間に信頼関係を築き、ケース・プレゼンテーション、診療計画の立案、カルテ記載、簡単な検査、などを行います。