研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

令和2年度(2020年度)科学研究費助成事業の公募について

科研費公募に関する最新情報

1 9/26 科研費応募ガイドをホームページ上で公開しました。

2 公募が開始されました。学内締切は10月10日(木)です。
  
3 主な変更点
■重複制限の一部緩和
・「若手研究(2回目)」と「基盤研究(S・A・B)」の重複応募が可能、重複受給は不可
・「研究活動スタート支援」と他研究種目の重複受給が可能
・「挑戦的研究(開拓)」と「基盤研究(B)」との重複応募・受給が可能
(挑戦的研究(開拓)は、令和2(2020)年度から基金化を予定)

■その他
・「応募者の研究遂行能力及び研究環境」欄に研究業績を書けることを明確化。
  研究計画の実行可能性の根拠となるものとして、業績の適宜記載を明示。
・「新学術領域研究(研究領域提案型)」が廃止、「学術変革領域研究(A・B)」が創設されます。公募は令和2年1月以降に開始予定です。

科研費応募ガイド

 例年大学で作成している科研費応募ガイドが完成しましたので、ホームページ上で公開(学内専用)します。以下のリンクから、掲載ページにアクセスできますので、ぜひご活用ください。

科研費公募要領等説明会資料

公募説明会資料(日本学術振興会)へのリンクを掲載しています。

研究者登録について

科研費応募にあたっては、e-Rad上で研究者登録が必要です。
応募予定でまだe-Rad上に登録がない方は、下記リンクの登録申請書を科研費担当に提出してください。

なお、現在本学でe-Radに登録されている方に、登録内容確認依頼通知を配付しております。
登録内容に変更がある方は通知裏面の変更申請書に、変更内容を記載して提出してください。

申請の流れ

STEP1

 応募する研究種目の公募要領をダウンロードします。複数応募を希望される方は各研究種目の「重複応募の制限」が設けられていますので、必ず公募要領をご確認の上、申請してください。
 
学内締切 10月10日(木)

STEP2

 応募する研究種目の「応募内容ファイル」(研究計画調書の後半部分)をダウンロードし、作成します。「応募内容ファイル」の様式はWord形式もしくはPDF形式でダウンロードできますので、科研費電子申請システムのログインID・パスワードを取得していなくても取得可能です。
※応募内容ファイルは、上記の公募要領が掲載されているページから入手可能です。

STEP3

 科研費電子申請システムで「応募情報(Web入力項目)」(研究計画調書の前半部分)を入力します。※科研費電子申請システムと府省共通研究開発システム(e-Rad)は別のシステムです。
STEP2で作成した「応募内容ファイル」をWeb入力の際に添付します。

研究分担者の承諾手続

 今回の公募から、分担者承諾の手続を科研費電子申請システム上で行うことなります。
手続の詳細については、以下のリンクに掲載されているフローをご確認ください。

1 研究代表者が行うこと
(1)応募情報入力画面で研究分担者を登録し、承諾状況欄にある「依頼する」にチェックを入れ一時保存
(2)研究分担者になる予定の方に、分担者として登録したこと、科研費電子申請システム上で
   承諾処理を行う必要があることを連絡
  (連絡は省略可能ですが、分担者となる方が依頼を受けていること、システム上で承諾処理が必要なことを
   ご存知ない可能性があるため、連絡しておくとスムーズです)
(3)全ての研究分担者の承諾手続が完了後、研究計画調書の提出が可能となります。
   分担者への承諾依頼(科研費電子申請システム上での分担者の登録)は早めに行ってください。

2 研究分担者が行うこと
(1)(研究代表者が科研費電子申請システム上で登録後)
   ご自身のIDで科研費電子申請システムにログインすると、応募者向けメニュー内に
   「研究分担者承諾」の項目が表示されます。
(2)依頼内容を確認し、「承諾」又は「不承諾」を選択してください。
   承諾する場合はあわせて、学位とエフォートを入力します。

申請の流れ 研究成果公開促進費

「研究成果公開促進費」のうち学術図書・データベースは研究機関を通じての申請となっております。申請希望者は公募要領を確認の上、研究計画調書を作成してください。研究成果公開促進費も科研費電子申請システムで申請を行いますが、学術図書のみ「完成原稿の写し」を別途日本学術振興会に郵送する必要があります。システムへのログインするためのID、パスワードは「応募者向けページ」から登録可能です

研究倫理教育について

交付申請前までに研究倫理教育を受講する必要があります。
昨年度又は今年度に研究倫理教育を受講されていない方は、
eラーニング(eAPRIN)の受講をお願いします。
受講を希望される方は、受講の登録申請を行ってください。

研究費