研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

梁明秀教授らの研究成果が、米国で特許として成立しました。

2020.10.19
  • TOPICS
  • 研究

梁明秀教授らの研究成果が、米国で特許として成立しました。

本学医学研究科の梁明秀教授らが単独で出願していた下記の特許が、202084日付で米国において特許権として登録されました。
発明の名称 人工癌幹細胞の作製方法及びその分化誘導方法
出願日 2012年5月24日
発明者 梁明秀、西真由子
登録日 2020年8月4日
番 号 US 10,731,134
特許成立国 米国
内 容 Oct3/4、Sox-2、Klf-4及びc-Myc遺伝子を不死化上皮細胞に導入することを含む、多能性癌幹細胞の作製方法およびその方法により作製された多能性癌幹細胞に関する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加