研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

谷口英樹教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2019.01.09
  • TOPICS
  • 研究

谷口英樹教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学医学研究科の谷口英樹教授らがバイオメディカ・ソリューション株式会社、澁谷工業株式会社と共同出願していた下記の特許が、20181130日付で日本において特許権として登録されました。
発明の名称  細胞培養システム
出願日 2014年9月26日
発明者 谷口英樹、武部貴則、関根圭輔、(砂山裕信、西村哲也(澁谷工業株式会社))、(中尾敦(バイオメディカ・ソリューション株式会社))
登録日 2018年11月30日
番 号 第6440432号
特許成立国 日本
内 容 作業用アイソレータにおける細胞の培養に必要な作業を効率的に、また処理される細胞に雑菌が混入することなく、短時間で速やかに実行できるようにするものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加