研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

谷口英樹教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2018.10.05
  • TOPICS
  • 研究

谷口英樹教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学医学研究科の谷口英樹教授らが株式会社クラレと共同出願していた下記の特許が、2018914日付で日本において特許権として登録されました。
発明の名称  組織構造体及びその作製方法
出願日 2014年6月9日
発明者 谷口英樹、武部貴則 (江尻洋子、綾野賢、福原直人(株式会社クラレ))
登録日 2018年9月14日
番 号 特許第6400575号
特許成立国 日本
内 容 幹細胞の未分化細胞から成熟組織に匹敵する機能を持つ組織構造体及びその作製方法に関する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加