研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

石川義弘教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2018.07.12
  • TOPICS
  • 研究

石川義弘教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

石川義弘教授らが出願していた下記の特許が、2018622日付で日本において特許権として登録されました。
発明の名称  三次元組織体及びその製造方法
出願日 2014年10月9日
発明者 横山詩子、石川義弘 (明石満、松崎典弥(国立大学法人大阪大学))
登録日 2018年6月22日
番 号 第6355212号
特許成立国 日本
内 容 血管平滑筋細胞を人工的に三次元化し、高弾性を有する血管壁三次元細胞体を作成する方法とその構造体に関する発明。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加