研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

谷口英樹教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2018.06.12
  • TOPICS
  • 研究

谷口英樹教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学医学研究科の谷口英樹教授らが出願していた下記の特許が、2018525日付で日本において特許権として登録されました。
発明の名称  軟骨細胞の調製方法
出願日 2014年3月20日
発明者 谷口英樹、武部貴則、小林眞司
登録日 2018年5月25日
番 号 第6341574号
特許成立国 日本
内 容 軟骨形成細胞と血管内皮細胞とを共培養することにより、軟骨細胞への分化誘導において必須であったサイントカインや、足場材料等に依ること無く、3次元軟骨組織を作成する方法を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加