{

眼科

診療案内

疾患別に専門外来を設け、各分野の専門医師が診断と治療を担当しています。初診の方は、地域の医療機関からの紹介状をお持ちいただき、当科を受診されるようお願い申しあげます。検査結果など添えていただけますと助かります。
・ぶどう膜炎:各種ぶどう膜炎に対して、入院または外来で治療を行います。
・網膜硝子体疾患:糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑浮腫等の手術適応を判断し、治療を行います。
・緑内障:点眼や内服療法が無効な方を対象に、病型に適したレーザー治療や手術適応を判断し、治療を行います。
・視神経疾患:ステロイド点滴療法や血漿交換療法等の治療を行います。
その他、角結膜疾患、涙道、眼腫瘍、白内障、小児眼科疾患,ロービジョン等広く眼科領域全般における正確な診断とより良い治療をめざし、各専門外来を中心に診療を実施しています。
治療後は、病診連携に基づき、患者さんは原則として紹介元の医療機関で診察を受けていただいております。

特殊検査・処置・入院・手術のご案内

術式名称:白内障手術
所要時間:入院(片眼1泊2日~)
説  明:超音波装置で白内障を乳化吸引し、眼内レンズを挿入します。

術式名称:緑内障手術
所要時間:入院(1~2週間程度)
説  明:病型・病状に合わせた術式を選択します。

術式名称:硝子体手術、網膜剥離手術
所要時間:入院(1~2週間程度)
説  明:網膜前膜・黄斑円孔等の黄斑疾患に加え、裂孔原性網膜剥離や増殖糖尿病網膜症等の疾患に対して手術加療を行います。

術式名称:硝子体注射
所要時間:外来
説  明:加齢黄斑変性や適応のある黄斑浮腫に対して、外来で抗VEGF薬の硝子体注射を行います。

術式名称:レーザー治療
所要時間:外来
説  明:レーザー治療の適応のある眼底疾患、緑内障の治療を行います。さらに、YAGレーザーを用いて後発白内障、緑内障の治療も行います。

当科の特徴

疾患別に専門外来を設け、各分野の専門医師が診断と治療を担当しています。
当眼科の専門分野であるぶどう膜炎の治療においてはサルコイドーシス、原田病、ベーチェット病等のぶどう膜炎疾患に対し、入院および外来で治療を行っております。難治例に対しては、内科とも協力しながら、ステロイドパルス療法、生物学的製剤の導入等、専門性の高い治療を行っております。
当眼科のスタッフは専門分野の他にも得意とする複数の領域をもち、幅広い疾患に対応して総合的な診療を行っております。
外来や手術室には新しい機器を積極的に導入し、診断と治療の精度向上に努めています。

紹介していただく時の留意事項

当眼科は完全紹介制となっております。初診の方は、地域の医療機関からの紹介状をお持ちいただき、当科を受診されるようお願い申しあげます。検査結果等、添えていただけますと助かります。

専門外来・セカンドオピニオン

専門外来(クリニック)は予約制となります。

月曜日 眼腫瘍クリニック[第1、3週] 腫瘍疾患
白内障クリニック[第2、4週] 白内障
火曜日 角膜・外眼クリニック[第2、4週] 結膜、角膜疾患
神経網膜クリニック[第1、3週] 視神経炎、外眼筋機能障害等の神経眼科的疾患
緑内障フォローアップ外来[第2、4週] 緑内障の経過観察
水曜日 小児眼科クリニック[第1、3週] 斜視、弱視等
眼形成・涙道クリニック[第4週(隔月)] 眼瞼内反、涙道閉塞
網膜硝子体クリニック[第2,4週] 網膜硝子体疾患等
木曜日 ぶどう膜炎クリニック[第1、2、3、4週] ベーチェット病やサルコイドーシス等を主としたぶどう膜炎疾患
緑内障クリニック[第1、3、5週] 緑内障
NTGクリニック[第2、4週] 緑内障
金曜日 サージカルレチナ[第1、3,5週] 手術加療の必要な黄斑上膜、黄斑円孔、黄斑浮腫、網膜剥離等
メディカルレチナ[第2、4週] 加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症等
ロービジョンクリニック[第2火曜日と第4金曜日] ロービジョンケア
オキュラーサーフェイス[第2・4週] 結膜・角膜疾患
多焦点IOL[第2・4週] 多焦点眼内レンズ

ページトップへ