{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 児童精神科

児童精神科

診療案内

18歳以下の年齢で精神疾患全般・疾患に限らず子どもの心の健康相談

・統合失調症
・睡眠障害、夜驚症
・うつ病などの感情障害
・知的発達症
・自閉スペクトラム症
・注意欠如多動症
・強迫症
・素行症
・不安症
・場面緘黙症
・ストレス関連障害をはじめとする神経症
・チック、夜尿症、抜毛症
・身体疾患に依存する精神障害
・インターネット・ゲーム障害

特殊検査・処置・入院・手術のご案内

入院は全例当院外来患者様を対象とする。初診後応相談。成人混合精神科開放病棟。

当科の特徴

当科は18歳以下の児童青年期を対象とした精神科です。子どものメンタルヘルスにかかわる諸問題に対処するために、特定の疾患を対象にしてはいません。不登校や家庭内暴力・非行、親や教員への反抗、イライラ、自傷行為、集団不適応、頭痛・腹痛などの心の問題が反映された身体症状、学力不振、やせ・拒食、心的外傷体験による症状、発達の偏り、インターネット・ゲーム依存傾向など相談内容は多岐におよびます。
当初は診療に抵抗のある子もいますので、家族のみの医療相談にも応じています。特に本人の受診に至らない場合でも、ご家族の相談で、子どもの生活圏を包括的支援することによって軽快することも多いのです(注:この場合は保険診療とはなりません)。
教育・福祉制度利用のために必要な医学的評価も可能です。治療では、精神療法などの面接を中心としたカウンセリングや認知行動療法、家族支援、薬物療法を行っています。臨床心理士とも連携をはかり同時の診療も可能です。治療に関しては、お子さんとご家族のニーズを聞き取ったうえで、じっくり話し合いながら決定していきます。
詳しくは児童精神科ホームページをご覧ください。

紹介していただく時の留意事項

前医での治療歴がある場合は紹介状が必要。完全予約制。家族が児童精神科外来に電話の上、予約を取得。

ページトップへ