• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 産婦人科

産婦人科

診療内容・特色・主な対象疾患

診療内容

産婦人科全般に渡り総合的な診療体制をおいていますが、各専門診療領域については、横浜市立大学附属市民総合医療センター(センター病院)との間で別記のような診療分担をおこなっています。

特色

専門診療領域のエキスパートをそろえ、患者さんとともに理解しあい、ともに歩み、進める医療をめざしています。主治医を中心とした専門診療チームで診療にあたり、いずれの医師も患者さんには熱心にやさしく接するよう努力しています。また手術では低侵襲手術を目指して腹腔鏡、ロボット支援手術(ダビンチ)に取り組んでおり、子宮頸がんに対するロボット支援下広汎子宮全摘術は先進医療として行われています。

専門外来

婦人科腫瘍・がん:
原則として本人へ病状の正確な告知を行い、十分な理解のもとに医療サイドと共に協力した治療を行う方針としています。治療は精神科的カウンセリング、緩和医療も含め、外科、泌尿器科、放射線科、神経科等各科との集学的・包括的 診療体制をとっています。また、治験や医師主導の臨床試験への参加も可能な体制をとり、幅広い治療選択肢を提示していきます。
女性健康外来:
(1)小児・思春期、中高年期、内分泌外来:無月経、生理不順などの女性としての健康障害・症状に対しての総合的診療を行っており、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症などの診療もおこないます。
(2)生活習慣病予防(更年期)・骨粗鬆症外来:骨粗鬆症、高脂血症等の治療をおこないます。
周産期・産科:
正常分娩はもちろん、産科救急や合併症のある方についても対応します。
分娩室はLDR(陣痛から分娩、産褥まで居室のなかで分娩できる部屋)で夫立ち会い分娩も可能です。分娩管理の基本方針は自然分娩ですが、麻酔分娩(いわゆる硬膜外無痛分娩)も麻酔科医と協働し対応します。
WHO、ユニセフから「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」の認定を受けており、基本的には母乳保育を推奨し完全母児同室としています。
遺伝子診療科(遺伝カウンセリング外来):
病院の中央部門としての遺伝子診療科の中で出生時診断や家族性腫瘍を中心に、専門資格のある遺伝相談カウンセラー医師が応じています(予約制)。
妊娠と薬外来
妊娠中の薬剤服用の不安に対して相談に応じています。国立成育医療研究センターの妊娠と薬情報センターと連携し最新情報を提供しています(予約制)。

主な治療実績・専門外来・検査等

研究テーマ

腫瘍:
婦人科がんに関する浸潤転移の分子生物学的に研究、プロテオミクス分析を用いた最先端の診断、またがん治療に関する治療法の開発。
女性健康外来:
女性のヘルスケアに関する臨床的研究。内分泌異常への基礎医学的な神経内分泌学的研究。

その他

国際先天異常監視センター:
環境ホルモン、薬剤、放射線など先天異常をひきおこす可能性のある諸因子を監視するため、全国規模の先天異常調査監視システムのセンターがおかれ、WHO(世界保健機関)の国際先天異常監視機構の日本代表部として国際情報交換を行っている。

その他

紹介していただく時の留意事項

・初診は紹介状が必要です(妊娠は除きます)。上記疾患群に分けてご紹介いただけるとスムーズにお受けできますので宜しくお願いします。
・患者さんの待ち時間短縮を図るため、産婦人科へご紹介いただく際は、「初診予約制度」をご利用いただきますようお願いいたします。※
※「 妊娠」については、「初診予約」の受付をしておりません。分娩予定月ごとに分娩受入枠がありますので、状況を「患者サポートセンター」に電話でお問い合せいただくよう、患者さんにお伝え願います。

市民総合医療センターとの診療分担

内容 附属病院
(金沢区)
センター病院(南区)
総合周産期母子
医療センター
婦人科 生殖医療
センター
婦人科がん(複雑な治療を必要としないもの)
婦人科がん高度治療、集学治療、緩和医療
女性不妊症(複雑な治療を必要としないもの)
女性不妊症(複雑・高度な治療を要するもの)
体外受精・生殖補助医療
女性健康(内分泌、小児思春期など)
女性健康(中高年、筋腫、内膜症など)
女性健康(更年期、骨粗鬆症、成人病予防など)
周産期
(ハイリスク妊娠、胎児異常、胎児治療など)
不育症(習慣流産,死産)
一般の産科(正常分娩中心に)
遺伝相談(カウンセリング)
男性不妊外来
男性不妊手術
精子凍結外来
○主に診療している ▲複雑でない場合は診療 -取り扱っていない

ページトップへ