{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 消化器・一般外科

消化器・一般外科

診療内容・特色・主な対象疾患

当科は、外科学における主要分野である「消化器、呼吸器、乳腺甲状腺」の各分野のスペシャリストを擁しており、各分野の専門家が連携することで、迅速な診断と一人一人の患者さんに適した治療の提供が可能です。特に、がんなどの悪性疾患の外科治療に力を入れており、体への負担が少ない低侵襲手術や機能温存手術から、進行がんに対する拡大手術まで、最新の治療を含めた様々な治療オプションを提供することが可能です。

消化器・一般外科グループ

当グループでは主に上部消化管(食道・胃)と下部消化管(大腸)の悪性腫瘍を扱っています。以下に当グループの特色を列挙します。大腸がん手術について、詳しくは外科治療学ホームページもご覧ください。
(1)積極的な胸腔鏡・腹腔鏡手術:
食道がん・胃がん・大腸がんに対して腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。当科では日本内視鏡外科学会の技術認定医を4名擁しており、安全性の高い内視鏡外科手術の提供しています。
(2)ロボット支援下腹腔鏡下手術:
ロボット支援下手術は、手術支援ロボットdaVinciⓇを使用した腹腔鏡下手術です。ロボット支援下手術では3次元による立体的視野や、多関節機能を有する腹腔鏡鉗子が利用可能であり、従来の腹腔鏡手術をさらに発展させた最新の手術アプローチです。当科では、適応のある胃がんと大腸がん(直腸がん)患者さんに対し、積極的にロボット支援下手術を行っています。ロボット支援下手術について、さらに詳しくは上記、外科治療学ホームページをご覧ください。
(3)機能温存手術:
がんを治す事は最も重要ですが、同時に患者さんの機能を最大限温存することも、外科医にとって重要な使命と考えています。胃粘膜下腫瘍や一部の早期胃がんに対し、消化器内科と連携して内視鏡・腹腔鏡合同手術(LECS)を導入し、胃の温存手術に取り組んでいます。また、お尻の近くにできた直腸がんでは、手術によって永久人工肛門となる場合がありますが、当科では可能な限り肛門を温存した術式(括約筋間直腸切除術:ISR)を実施可能です。これらの手術は、患者さんの状態を詳しく検討して、手術適応を決定しています。
当科で扱っている主な手術:
<上部消化管(食道・胃)>
主に食道がん、胃がんを取り扱っています。
【食道がん】
・腹腔鏡・胸腔鏡補助下手術
・縦郭鏡アプローチの非開胸食道癌手術
・高度進行食道癌に対する化学療法と放射線療法を併用した手術治療(集学的治療)
【胃がん】
・早期胃がんに対する腹腔鏡下手術
・早期胃がんに対するロボット支援下腹腔鏡下手術
・高度進行胃がんに対する化学療法を併用した手術治療
【その他】
・胃GISTや早期胃がんに対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)
・再発後の化学療法や支持的治療
<下部消化管(大腸)>
主に大腸がんを取り扱っています。体にやさしい低侵襲のみならず、根治性と機能温存の両立を目指した手術を行っています。
・大腸がんに対する腹腔鏡下手術
・直腸がんに対するロボット支援下(ダビンチ)手術
・下部直腸がん(お尻に近いところの直腸がん)に対する肛門温存手術(ISR)
・進行した大腸がんに対する拡大手術(骨盤内臓全摘や側方郭清など)
当科で提供している大腸がん手術について、詳しくは外科治療学ホームページをご覧ください。

その他

紹介していただく時の留意事項

・診療情報提供書(紹介状)をお願いします。必要に応じて診療データ(画像や血液検査)を患者さんに持参いただくようお願いします。
・初診受付日:火・木 午前9:00〜11:00
但し、それ以外の曜日でも紹介状があれば対応は可能です。
・診療科名
 消化器の患者さま→消化器・一般外科
 担当医の名前を記載して下さっても結構です。
・午前8:30~10:30の間に患者サポートセンター3番窓口で初診手続きをお済ませください。

ページトップへ