{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 麻酔科

麻酔科

診療内容・特色・主な対象疾患

診療内容(ペインクリニック)

身体のあらゆる痛みのために病院を受診し、通常の治療を受けるも痛みの改善がみられない患者を対象に、診療を行う部門です。

特色

当科では、2016年度より慢性痛に対する「学際的痛み治療」を開始いたしました。これは欧米で難治性慢性疼痛の治療モデルとして広く取り入れられている「生物心理社会モデル」を基礎として、患者のQuality of Lifeの向上を図ることを診療の理念とした治療です。
通常、痛みが3か月以上続くと慢性痛と呼ばれます。急性の痛みと異なり、慢性の痛みは単なる生物学的な問題だけではなく心理学的、社会学的な要素が絡み合い、複雑化していきます。当科では痛みの原因を多角的に評価するために作成していただいた問診票を参考にし、診察内容や補助検査の結果をあわせ、これらを総合的に評価し、痛みの原因を追究していきます。一つ一つの原因を解決するために、薬物療法・運動療法・心理療法・神経ブロック療法などを用い、個々の患者の状態に合わせた治療方針のもと、治療を行っていきます。
また、治療の特色として、患者さんを中心にして、他科の医師(リハビリテーション科、精神科、神経内科、整形外科など)や理学療法士、臨床心理士、看護師、薬剤師、栄養士らとともに連携を取りながら治療を行っていく「学際的痛み治療」を実践しています。

主な対象疾患

・頭痛(片頭痛、緊張性頭痛など)
・各種神経痛(急性帯状疱疹、三叉神経痛、糖尿病性神経障害、帯状疱疹後神経痛、坐骨神経痛など)
・脊椎疾患に関連する痛み(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症など)
・ケガや手術後の慢性の痛み(乳房切除後疼痛症候群、開胸術後疼痛症候群など)
・難治性慢性疼痛症候群(線維筋痛症、複雑性局所疼痛症候群(CRPS)、筋筋膜性疼痛症候群など)
・慢性腰痛症
・末梢血行障害(バージャー病、閉塞性動脈硬化)など。

主な治療実績・専門外来・検査等

2017年度
新患患者数 院内併診51人 院外併診 9人
外来患者数 のべ50人/月
2018年度
新患患者数 院内併診68人 院外併診 16人
外来患者数 のべ56人/月

予約外、救急、時間外での対応、初診時の注意事項について

ペインクリニックでは、混雑を防ぐために原則として完全予約制としています。予約外で来院された場合は、医学的に緊急性が高い場合を除き、後日、改めて受診していただきます。また、ペインクリニック担当医による当直制度は行っておりませんので、診療時間外に対応できる医師はいません。また、入院による治療は行っておらず、緊急入院を受けることもできません。
ペインクリニックに初めてかかる場合は、かかりつけの医療機関から診療予約申込書と紹介状をFAXで当院宛にお送りください。「その後、患者さんから当院の地域連携担当にお電話をいただき、予約の日時を決めます。」患者さん個人からの初診予約申込は受け付けておりませんので、予め、ご了承ください。
初診の患者さんが当院に来院し、必要な検査、問診票の記入などを行った後、医師による診察となります。初診時の病院滞在時間は平均3時間以上かかりますので、当日は十分な時間の余裕をもってお越しください。

【初診紹介患者さんの診療予約について】

ペインクリニックにかかる患者さんには、現在、受診中のすべての医療機関からの紹介状(診療情報提供書)のご提出をお願いしています。それは、痛みの治療には関係がなくとも、薬剤の飲み合わせや、治療内容が影響することがあるためです。また、今までの検査結果(X線写真、CT、MRI、血液検査など)がありますと、不必要な検査をせず、診療を効率的に行うことができますので、できるだけお持ちください。おくすり手帳や最近の健康診断、人間ドックの結果なども、治療の効果を高め、副作用や合併症を避けるために役立ちますので、可能な限りご用意ください。

ページトップへ