{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 救急科

救急科

救急科診療科部長後藤 隆久の写真

診療科部長
(兼)後藤 隆久

救急科主任教授 竹内一郎の写真

担当部長/主任教授
竹内 一郎

診療内容・特色・主な対象疾患

平成22年4月から稼働を開始した救急部(平成27年8月より救急科)は、二次救急医療機関として救急車で搬送される中等症の患者の救急診療にあたっています。対象となる疾患は、脳血管障害(脳卒中)、心疾患、呼吸不全、敗血症、多臓器不全、交通外傷(重症を除く)、アナフィラキシー、失神、気管支喘息発作、急性中毒、熱傷、環境異常(熱中症、低体温)などがあげられます。
初期診療後に人工呼吸管理やカテコラミンによる循環管理を必要とするような重症症例は、救急科で入院し継続加療を行います。入院の内訳としては敗血症や中毒、外傷、アナフィラキシー等が多くを占めております。また、各専門診療科と協力し、複数の診療科にまたがる重症患者の他病院からの紹介患者の対応も行っております。
病院の救急診療・災害医療の体制整備に貢献するべく、院内の心肺蘇生講習や院内災害訓練の企画やDMATチームの整備、被災地への派遣等にも関わっております。

主な治療実績・専門外来・検査等

当院は約8,000例の救急症例が外来を受診し(そのうち救急車搬送:約3,500件 入院症例:約2,400例)、救急科としては約2,600件の初期・二次救急症例の外来診療(そのうち救急車搬送:約1,800件 入院:約500件)を担当しております。救急科が直接診療した患者の内訳と概数は、年間、頭部・顔面外傷300例、腹痛300例、小外傷300例、交通外傷(頭部・顔面・小外傷を除く)150例、めまい150例、発熱(感冒・腎盂腎炎など)120例、頭痛(意識障害を除く)100例、意識障害60例、薬物過量内服60例、気管支喘息発作30例、電解質異常30例、失神25例、他です。
救急科による重症患者の入院加療は平均20例/月(ハイケアユニット入院率85%)となっております。

ページトップへ