{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 内分泌・糖尿病内科

内分泌・糖尿病内科

診療内容・特色・主な対象疾患

診療方針・内容

代謝疾患(生活習慣病である糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満症、痛風)、内分泌疾患(下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎)を主体とした専門的な内科診療を行っています。診療方針については、当科の中だけでなく、他の科とも連携して総合的な医療を目指しています。特に糖尿病医療については、医師の他、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師などのコメディカルとチーム協力体制をとり、個々に合わせた、きめ細かい治療体制を実践しています。

診療の特徴・特色

内分泌疾患の診断については経験症例も数多く、甲状腺エコーの他、副腎、あるいは下垂体の血管造影などを他科とも連携のうえ行っています。治療は内科的な治療のみならず、副腎疾患の腹腔鏡下での手術など、外科系診療科とも協力しながら行っており、県内でもトップレベルの診療内容を有しています。糖尿病診療は病態に基づいた治療を心掛けており、種々のインスリン製剤や内服薬の豊富な使用経験に基づいた効率的な治療を実施しています。さらに血糖コントロールだけでなく、網膜症や神経障害、腎障害、血管障害、脂肪肝などの糖尿病合併症に関しては、各専門科と連携して、速やかな合併症の検査・治療を行っています。また糖尿病教育のためのプログラムを設置し、短期の入院で、退院後も良好な血糖コントロールが維持できるように努めています。教育については医師の他、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師とチームを作って協力体制をとり、個々に合わせた、きめ細かい治療体制を実践しています。また、肥満症の治療経験も豊富です。医師の協力の下、外来看護師を中心としたフットケアチームも活動しています。以上の診療体制が評価され、内分泌学会認定教育施設、糖尿病学会認定教育施設、肥満学会肥満症専門病院として認定されています。

主な対象疾患

内分泌、代謝疾患全般を対象としています。
・内分泌疾患:下垂体疾患(下垂体機能低下症、先端巨大症、クッシング病、尿崩症、ほか)、甲状腺疾患(Basedow病、橋本病、亜急性甲状腺炎、ほか)、副甲状腺疾患(副甲状腺機能亢進症ほか)、副腎疾患(クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、アジソン病、ほか)、ほか。
・代謝疾患:糖尿病、脂質異常症、高血圧、痛風、肥満症、低血糖症、ほか。

主な治療実績・専門外来・検査等

現在、当科の月間外来患者数は約1,600人で、そのうち新患患者数は約80~90人です。入院患者数は年間約550人で、ほとんどが2週間以内に退院されています。

入院診療

<糖尿病>
教育、診断、治療を系統立てて行っています。各個人に合わせた治療を実施できるよう、医師、看護師、栄養士、臨床検査技師、薬剤師がチームを組んで専門的な診療に当たっています。また、入院中はもちろん、退院後も良好なコントロールを続けられるように、チームで定期的にカンファランスを行い、より良い治療が行えるよう検討を重ねています。まとまった時間のとれない方向けの週末入院(2泊3日)も行っております。
<内分泌疾患>
診断を中心に、各種負荷検査など専門的な診療を実施しています。外科的処置を必要とする症例については、診断をつけた後、速やかに専門科に連絡し、手術ができるような体制をとっています。
<肥満症>
肥満症の入院治療を積極的に行っております。内分泌疾患による二次性肥満の鑑別を行い、食事療法、生活指導、行動療法、フォーミュラー食(糖質・脂質を最小限にした調整食)などを組み合わせた治療を行います。糖尿病を合併する場合には、体重の増えにくい薬剤を提案することもあります。より確実な減量効果を期待するために、2~3週間の入院をおすすめしますが、日数は相談可能です。
<糖尿病週末教育入院>(資料はこちら
平日に入院できない方のための、糖尿病週末教育入院を行っています。金曜午後に入院し、日曜午前に退院します。3日間と短い入院ですが、入院中に糖尿病食を含めた多角的な糖尿病療養指導を受講いただき、適切な食事下での血糖値の推移を自ら実感することで、退院後の治療に役立てることができます。
週末教育入院目的のご紹介に限り、初診外来を月~金曜の15時半まで受け付けております。

紹介していただく時の留意事項

外来診療

内分泌代謝外来は内分泌疾患、代謝疾患全般を対象としています。
初診外来:月~金曜日の午前
初診外来は完全紹介制(紹介状が必要)です。紹介状をご持参の上、予約の方は予約時間に、予約のない方は午前10時30分までの初診受付時間内にご来院ください。

セカンドオピニオン担当医師

寺内康夫教授
対象疾患:内分泌疾患・代謝疾患(糖尿病、脂質異常症、肥満症他)

ページトップへ