• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 歯科・口腔外科・矯正歯科

歯科・口腔外科・矯正歯科

診療内容・特色・主な対象疾患

多岐にわたる口腔領域の疾患に対して、先進的な医療技術を駆使し、安全で高度な医療を提供することを目標として診療を行っています。
口腔がん、顎変形症、インプラント、唾石症などの唾液腺疾患、顎骨や軟組織の良性腫瘍、顎顔面骨折などの外傷、顎顔面の急性炎症、顎関節症、粘膜疾患などに豊富な経験を有し、横浜市における歯科・口腔外科診療の中心的役割を果たしています。

口腔がん:

横浜市立大学附属病院は厚労省の「がん診療連携拠点病院」に指定されており、歯科・口腔外科・矯正歯科でもその一端を担うべく口腔がん治療には特に重点をおき治療に取り組んでいます。一般的に行われる切除手術の他、「切らずに治す口腔がん治療」を特色としており、特殊なカテーテルを用いて抗がん剤を直接腫瘍に投与し、放射線治療と組み合わせる「超選択的動注化学放射線療法」という治療を行うことで、手術を回避し最大限の臓器・機能温存を目指しています。また早期の口腔がんの切除手術の場合には、センチネルリンパ節生検という新しい診断技術を用いており、低侵襲かつ患者さんのQOL向上に努めています。

矯正歯科・顎変形症:

一般的な歯科矯正治療の他、顎変形症(受け口、出っ歯、顎の曲がり)に対する外科的矯正治療を行っており、この場合矯正歯科治療は保険が適応されます。当科の特徴としては、ワイヤーによる顎間固定を行わずゴム牽引のみのため術後早期から食事を開始できること、入院期間が短いこと(1週間前後)、矯正歯科医が常勤しているため口腔外科医との迅速な連携が取れること、術前に骨の移動や顔貌の変化の予測をコンピューターシミュレーションするため、高精度で審美性の高い治療が行えることなどがあり、患者満足度の高い治療を行っています。

インプラント:

当科では自由診療でのインプラント治療と、顔面の外傷や口腔内に発生した腫瘍の術後の咀嚼障害を改善するための保険診療でのインプラント治療を実施しています。また医学部附属病院の特色を生かして、全身的な病気がある方でもコンピューターシミュレーションによる手術用ガイドを作成することにより、より小さい切開、より短い手術時間でインプラント治療を安心して受けられます。インプラント治療を行うための骨量が不足している場合には、骨移植を行うことによって、通常インプラント植立が困難な顎骨へのインプラント治療も行っています。また広範囲な顎骨欠損症例に対する保険適応のインプラント治療が可能な施設として認められています。

低侵襲手術(唾石症、唾液腺疾患など):

最先端の医療技術である内視鏡(支援)下手術や、ナビゲーションシステムを用いた手術によって、患者さんのニーズ(外来手術、短期入院、皮膚を切らない、皮膚の切開は皺に沿って最小にするなど)に応える侵襲の少ない手術を行っています。唾石症、顎骨骨折、歯根嚢胞などの手術で、傷の小さな、腫れの少ない手術を行うことが可能になっています。

有病者歯科診療・摂食嚥下障害:

一般歯科診療所で対応不可能な全身疾患を有する有病者、高齢者、歯科治療恐怖症の患者さんなど、歯科診療の際に特別な配慮を要する患者さんについて医学部附属病院の特色を生かして院内各科との連携の下に全身状態を考慮した診療を行っています。
飲み込む機能に障害があり誤嚥(食物や水分がのどから気管・肺に入ってしまうこと)のリスクが高い場合、飲み込みに特化した評価とリハビリテーションを行う必要があります。誤嚥が生じると誤嚥性肺炎に至り、命に関わる可能性があるため院内各科や多職種と連携し誤嚥性肺炎の発症をできる限り防ぎ、食べる楽しみを取り戻すようにサポートしています。

主な治療実績・専門外来・検査等

平成30年度の年間初診患者数は6,556人、口腔がんの初診患者数は117人でした。入院患者数は693人、入院手術件数は733件で、このうち口腔がんの切除手術は45件、超選択的動注化学放射線療法のカテーテル留置術は45件でした。全身麻酔下での埋伏歯などの抜歯や嚢胞摘出手術は55件、唾石症・唾液腺疾患の手術は317件、顎変形症手術は34件でした。2006年から2011年までの間に超選択的動注化学放射線療法を行ったstageⅢ、Ⅳの進行口腔がん112例の5年生存率は約71.3%(stageⅢ83.1%、Ⅳ64.5%)と高い値でした(*)。

周術期等口腔機能管理外来:

当院では周術期等口腔機能管理として、全身麻酔を受ける患者さんに対して口腔内チェック(スクリーニング)を行い、入院前、退院後の口腔管理を地域の歯科医院に依頼し、入院中の口腔管理は当院で行うという役割分担を推進しています。また放射線治療や化学療法などのがん治療に際しても地域連携を含めた口腔管理を実施し、外来化学療法室には歯科衛生士がラウンドして味覚異常や口内炎などの悩みのある患者さんの相談にのっています。

その他

紹介していただく時の留意事項

・診察を希望する医師がいる場合に事前に確認をお願いいたします。
・セカンドオピニオンの場合にはその旨を明記して下さい。
・再診・専門外来ともに予約のみとなります。

* Mitsudo K, Koizumi T, Iida M, Iwai T, Nakashima H, Oguri S, Kioi M, Hirota M, Koike I, Hata M, TohnaiI.: Retrograde superselective intra-arterial chemotherapyand daily concurrent radiotherapy for stage III and IV oral cancer: Analysis of therapeuticresults in 112 cases. Radiother Oncol. 111: 306–310, 2014.

ページトップへ