{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 循環器内科

循環器内科

診療内容・特色・主な対象疾患

近年の人口の高齢化に伴い、循環器疾患のみならずその他の合併症も有する患者さんが増加しています。そのため総合診療的対応が必要なことが多くなっておりますが、当科は循環器内科としての高い専門性を基盤とすると同時に、出自である旧第二内科学教室が臓器別に分かれる以前からの伝統である「単独臓器だけではなく総合的な内科学全般的視野に立ち、トータルかつ全人的総合的視点で患者さん中心の循環器疾患の医療を遂行する」との立場を堅持して診療にあたっております。同じ循環器・腎臓・高血圧内科学教室(旧第二内科学教室)の腎臓・高血圧内科、および院内の心臓血管外科などの各関連診療科、さらに虚血性心疾患の診療で定評のある横浜市立大学附属市民総合医療センターの心臓血管センター内科(木村一雄部長)との連携の緊密さが特色です。

平成29年度からは、福浦病院の循環器内科、心臓血管外科、小児循環器科が一堂に会して、横浜市立大学附属病院循環器病センターが発足しました。今後は、心臓血管外科と循環器内科との病棟再編・統合を含め、より機動的な診療体制を構築していく方針です。市民の皆様に開かれた、安全・安心の高度・先進医療を提供し、一人でも多くの循環器疾患に苦しむ方々のお役にたてるように、邁進していきたいと考えております。具体的な診療内容は虚血性心疾患、不整脈、心不全、弁膜症、心筋症、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症、バージャー病)、肺高血圧症、肺血栓塞栓症などすべての循環器疾患の診断および治療をバランスよく行っています。虚血性心疾患に関しては、急性冠症候群や安定冠動脈疾患に対する冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術を始め、複雑病変に対する、高速回転式アテレクトミーカテーテル(ロータブレーター、ダイヤモンドバック)、エキシマレーザーカテーテル(ELCA)、経皮的粥腫切除術(DCA)など様々な治療器具を用いての冠動脈インターベンション(PCI)を症例に応じて的確に行っています。各種不整脈に対しても学会最高レベルの医師が高周波による心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)、ペースメーカー植込み術、植込み式除細動器植込み術(ICD)、皮下植え込み式徐細動機植込み術(S-ICD)、慢性心不全に対する心室再同期療法(CRT-D、CRT-P)など最先端の治療を行っています。閉塞性動脈硬化症(ASO)を含む末梢動脈疾患(PAD)に対する、バルーン、ステント、カバードステントなどを駆使しての経皮的動脈形成術(PTA)や、腎動脈狭窄症に対する経皮的腎動脈形成術(PTRA)などを始めとする様々な領域の血管病変に対してカテーテルを用いた血管内治療(EVT)を行っています。慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に対しては、経皮的肺動脈形成術(BPA・PTPA)を施行し、高い成功率をあげています。弁膜症については、経皮的大動脈弁形成術(BAV・PTAV)や経皮的僧帽弁交連切開術(PTMC)を行っております。成人先天性心疾患に対しては、心房中隔欠損症への経皮的閉鎖術を始め、各種カテーテル治療を施行しております。バージャー病、閉塞性動脈硬化症など末梢動脈疾患で、適応のある場合には、先進医療Bとしての骨髄幹細胞移植術による血管再生療法を施行しております。心原性ショック、急性左心不全症例に対する、補助循環用ポンプカテーテル(インペラ)の導入も行い施行しております。

主な治療実績・専門外来・検査等

循環器内科としての病棟定床数はCCU4病床を含めて24病床です。年間の入院患者数は839人、その内CCUへ収容された人数は110人であり、急性心筋梗塞、不安定狭心症、重症心不全、重症不整脈などの患者さんはCCUで治療を行っています。年間の心臓カテーテル検査は約600症例、PCIは約200症例が施行され、95%以上の成功率が得られています。ASOを含むPADに対するPTAや腎動脈狭窄症に対するPTRAなどのEVTやCTEPHに対するBPA・PTPA、成人先天性心疾患に対するカテーテル治療など、冠動脈以外のインターベンション治療を約160症例施行しています。
心原性ショック、急性左心不全症例に対する、補助循環用ポンプカテーテル(インペラ)は心臓血管外科と共同で数例施行しています。また適応があるASO症例あるいは四肢の難治性潰瘍を伴うバージャー病の症例に対しては、骨髄あるいは末梢血幹細胞(血管内皮前駆細胞)移植術を施行し良好な結果を得ています。(2018年5月、厚生労働省先進医療Bに認められました。)不整脈患者に対する心臓電気生理学的検査は年間110症例施行されています。頻脈性不整脈(心室頻拍、心房粗動、発作性上室性頻拍、心房細動など)に対する治療である高周波カテーテル心筋焼灼術(カテーテル・アブレーション)は年間200症例実施し、成功率98%以上、合併症1%未満という成績でした。徐脈性不整脈(完全房室ブロック、洞不全症候群)に対する永久心臓ペースメーカー植え込み術も年間70症例実施されており、心機能の改善に最大限の効果を得るためにペースメーカーの至適房室伝導時間設定をきめこまかく管理を行っているのも当科の特色です。最近利用可能になったリードレスペースメーカーも治験(日本の4施設の1つ)より経験を積んでおります。心房細動の治療にも積極的に取り組み、薬物療法のみならず、心房オーバードライブ・ペ一シング、両心房ぺ一シング、心房中隔ぺ一シング、肺静脈隔離術などの非薬物治療も行い心房細動の再発の防止に努めています。心室性不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)の移植は神奈川県内の関連施設からの依頼も多く、年間約20症例実施しています。完全皮下植込み型ICD(S-ICD)も積極的に植込んでいます。また心不全治療において近年脚光を浴びている両心室ペースメーカー(CRT)の植え込みは本邦で最も早く開始しています。近年では除細動装置付き両心室ペースメーカー(CRT-D)の植え込み術は年間12症例施行しています。循環器疾患の領域における遺伝性QT延長症候群等の遺伝子診断を随時行い診療に役立てています。2016年4月に循環器内科主導で成人先天性心疾患(ACHD:Adult Congenital Heart Disease)診療を開始しておりました。2020年3月までの4年間に新規で260名のご紹介を頂きました。2020年4月より当部門担当医の異動に伴い、1年間は循環器内科での新規患者受け入れを一時的に制限させて頂きます。現在通院中の患者さまにはご迷惑がかからないよう、これまで通り診療・対応させて頂きます。2021年度以降は、見通しがつき次第改めてお知らせ申し上げます。ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありません。なお、症例に応じて小児循環器科や心臓血管外科で対応が可能な場合があります。

主な診療・高度先進医療

・虚血性心疾患に対する冠動脈形成術(PCI、ステント留置術、ロータブレーター、ダイヤモンドバック、ELCA)
・閉塞性動脈硬化症に対する動脈形成術(PTA、ステント留置術)
・腎血管性高血圧症に対する腎動脈形成術(PTRA、ステント留置術)
・頻脈性不整脈疾患に対する高周波心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)治療
・致死性心室性不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)および皮下植込み型除細動器(S-ICD)の植え込み術
・慢性心不全に対する両心室ペ一シングによる治療(CRT-P、CRT-D)
・循環器・高血圧疾患分野での遺伝子診断とそれに基づく予防や治療
・バージャー病に対する骨髄由来幹細胞(血管内皮前駆細胞)による血管再生医療
・徐脈性不整脈に対する永久ペースメーカー植込み術
・大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁形成術(BAV・PTAV)
・僧帽弁狭窄症に対する経皮的僧帽弁交連切開術(PTMC)
・慢性血栓塞栓性肺高血圧に対する経皮的肺動脈形成術(BPA・PTPA)
・心原性ショックに対する補助循環用ポンプカテーテル(インペラ)

特殊外来

・ペースメーカー外来
・血管再生外来
・禁煙外来
成人先天性心疾患外来 (2020年4月より担当医が不在となるため、新規受け入れを一時的に制限致します)
・肺高血圧症外来

その他

紹介していただく時の留意事項

初診外来は、月曜日~金曜日の毎日午前中に循環器専門医が行っています。また、Faxや電話による事前予約も可能ですのでご利用ください。心疾患救急(急性心筋梗塞、不安定狭心症などの胸痛で発症する冠動脈疾患、急性心不全等)につきましては、24時間、365日対応致しますのでぜひご連絡下さい。循環器内科医直通の心臓救急専用番号は「045-787-2999」となっております。

ページトップへ