{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 循環器内科

循環器内科

診療内容・特色・主な対象疾患

横浜市立大学附属病院循環器病センターとして循環器内科、心臓血管外科、小児循環器科が協力して診療にあたっています。
当科は、虚血性心疾患、不整脈、心不全、弁膜症、心筋症、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症、バージャー病)、肺高血圧症、肺血栓塞栓症などすべての循環器疾患の診断および治療をバランスよく行っています。虚血性心疾患に関しては、急性冠症候群や安定冠動脈疾患に対し、様々な治療器具を用いての冠動脈インターベンション(PCI)を的確に行っています。各種不整脈に対しても学会最高レベルの医師が高周波や冷凍凝固による心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)、ペースメーカー植込み術、植込み式除細動器植込み術(ICD)、皮下植え込み式徐細動機植込み術(S-ICD)、慢性心不全に対する心室再同期療法(CRT-D、CRT-P)など最先端の治療を行っています。末梢動脈疾患(PAD)に対する経皮的動脈形成術(PTA)や、腎動脈狭窄症に対する経皮的腎動脈形成術(PTRA)を始めとする様々な血管病変に対して血管内治療(EVT)を行っています。慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に対しては、経皮的肺動脈形成術(BPA)を施行し、高い成功率をあげています。弁膜症については、経皮的大動脈弁形成術(BAV)や経皮的僧帽弁交連切開術(PTMC)を行っております。成人先天性心疾患に対しては、心房中隔欠損症への経皮的閉鎖術を始め、各種カテーテル治療を施行しております。バージャー病、閉塞性動脈硬化症など末梢動脈疾患で、適応のある場合には、先進医療Bとしての骨髄幹細胞移植術による血管再生療法を施行しております。心原性ショック、急性左心不全症例に対する、補助循環用ポンプカテーテル(インペラ)も実施しております。

主な治療実績・専門外来・検査等

循環器内科としての病棟定床数はCCU4病床を含めて23病床です。年間の入院患者数は約1,000人、その内CCUへ収容された人数は約100人であり、急性心筋梗塞、不安定狭心症、重症心不全、重症不整脈などの患者さんはCCUで治療を行っています。年間の心臓カテーテル検査は約500例、PCIは約150例が施行され、成人先天性心疾患に対するカテーテル治療など、冠動脈以外のインターベンション治療を約150例施行しています。
心原性ショック、急性左心不全症例に対する、補助循環用ポンプカテーテル(インペラ)は心臓血管外科と共同で数例施行しています。また適応があるASO症例あるいは四肢の難治性潰瘍を伴うバージャー病の症例に対しては、骨髄あるいは末梢血幹細胞(血管内皮前駆細胞)移植術を施行し良好な結果を得ています。(2018年5月、厚生労働省先進医療Bに認められました。)不整脈患者に対する頻脈性不整脈(心房細動、心室頻拍、発作性上室性頻拍など)に対するカテーテル・アブレーションは年間約200例実施しています。徐脈性不整脈に対する永久ペースメーカー植込み術も年間約70例実施し、最近利用可能になったリードレスペースメーカーも多くの経験を積んでおります。心室性不整脈に対する植込み型除細動器(ICD)、完全皮下植込み型ICD(S-ICD)の移植は関連施設からの依頼も多く、年間約20例実施、心不全に対する治療である両心室ペースメーカー(CRT)の植え込みは本邦で最も早く開始しており、年間約20例施行しています。循環器内科主導で成人先天性心疾患(ACHD:Adult Congenital HeartDisease)診療を開始しました。この領域は近年日本のみならず世界的にも患者数の増加が指摘されており、一方で診療体制については十分に確立されていないという問題を抱えています。神奈川県内でも既に大学病院を中心としてACHD診療を開始している施設はありますが、他の都道府県と同様、十分に確立されているとは言えない状況であります。当院のACHD診療の最大の特色としては、以下の2点が挙げられます。1. 小児循環器科で先天性心疾患に対する専門的トレーニングを積んだ医師を中心としたチーム構成であること、2.小児循環器内科、心臓血管外科、更には神奈川県立こども医療センターとも連携を図っていることです。2018年7月からは心房中隔欠損症と動脈管開存症に対するカテーテル的閉鎖術も開始しています。3年間で紹介患者数は200名を超えました。今後も多くのACHD患者に貢献できるよう院内各部門との連携を強化し、本診療領域の黎明期にあたって、充実を図っていく予定です。

紹介していただく時の留意事項

初診外来は、月曜日~金曜日の毎日午前中に循環器専門医が行っています。また、Faxや電話による事前予約も可能ですのでご利用ください。心疾患救急(急性心筋梗塞、不安定狭心症などの胸痛で発症する冠動脈疾患、急性心不全等)につきましては、24時間、365日対応致しますのでぜひご連絡下さい。

ページトップへ