{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 乳腺・甲状腺外科

乳腺・甲状腺外科

診療内容・特色・主な対象疾患

当科では乳腺甲状腺分野の専門医が迅速な診断と専門的な治療を提供しております。特に悪性疾患(がん)の治療に力を入れております。
手術については、美容面に優れた縮小手術から、進行がんに対する拡大手術まで、最新の治療を含めた様々な治療オプションを提供することが可能です。再発・進行癌に対しては手術だけではなく、薬物療法や放射線治療など、患者さんにあわせた治療を提供しております。
また他職種と連携することによりハイレベルな個別治療の提供を心がけております。

主な対象疾患

乳 腺;乳癌、乳腺良性腫瘍、乳腺炎など
甲状腺;甲状腺癌、甲状腺良性腫瘍、バセドウ病、副甲状腺機能亢進症など

診療内容

乳腺

乳癌診療を主としております。当科では2名の乳腺専門医が、診断から手術、術前術後薬物療法、進行再発乳癌治療まで、乳癌診療を一貫して担当します。また、乳癌診療においてはチーム医療が重要とされていますが、各科の専門医や看護師、薬剤師、検査技師、リハビリテーション部、遺伝子診療科などでチームを形成し、それぞれの患者に最も適した治療を提供します。
<初診から診断、治療方針決定まで>
マンモグラフィーやエコーは初診当日に行います。また生検(組織学的検査)も可能な限り初診時に行い、早期に確定診断が得られるようにしています。乳癌と診断された場合はMRI、CTなどの画像検査を駆使し、病気の範囲(進行度)を正確に診断します。
切除可能乳癌の初期治療では手術・放射線治療などの局所治療と、癌の性格(サブタイプ)に適した薬物療法による全身治療が必要です。
サブタイプによっては手術前に薬物療法を行うこともあります。
初診時に遠隔転移を伴う場合は薬物療法が主体となります。
<手術について>
乳癌治療は根治性とともに整容性も要求されます。切除範囲が小さい症例には、低侵襲かつ美容面でも優れた乳房部分切除(乳房温存手術)を選択しています。温存した乳房には放射線科と連携して放射線治療を行うことで乳房内再発を予防します。
腋窩リンパ節に対してはセンチネルリンパ節生検を行い、転移が無ければ腋窩リンパ節郭清が省略でき、患肢の浮腫や知覚異常を回避することができます。腋窩リンパ節郭清が必要となった場合には、術前後にリハビリテーション科や形成外科とも連携をとり、リンパ浮腫の予防や改善に努めます。
乳房全摘術が必要な患者さんには、希望があれば乳房再建術を行い、整容性を重視した治療を提供しております。乳房再建術については専門である形成外科と協力し、インプラント(人工物)による再建や自家組織(DIEP flap;深下腹壁穿通枝動脈皮弁や広背筋皮弁など)を使った再建など、患者さんの希望や病状に合わせた再建方法を選択いただけます。
<薬物療法>
薬物療法は癌の性格(サブタイプ)に従い、化学療法(抗がん剤)、ホルモン療法、抗HER2療法を組み合わせて行われます。乳癌薬物療法は日進月歩の分野であり、次々と新しい治療薬が出てきます。当科では乳腺専門医、がん薬物療法専門医が最新の知見から、乳癌の性質に合わせた適切な薬物療法を提供しております。
<遺伝性乳癌>
最近、遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診療の重要性が増しています。当院では遺伝子診療科と連携し、遺伝性乳癌に対するカウンセリング、遺伝学的検査など、HBOCに対する適切な情報を提供いたします。
【横浜市乳がん連携病院について】
当院は「横浜市乳がん連携病院事業実施要綱」に基づき「横浜市乳がん連携病院」に指定されています。他の連携病院である横浜市立大学附属市民総合医療センター乳腺・甲状腺外科、横浜市立みなと赤十字病院乳腺外科、横浜労災病院乳腺外科と連携し、施設を越えた多職種チーム医療の実践や、地域医療機関との連携強化、市民の皆様向けの乳癌講座の実施など、横浜市内の乳癌診療の更なる充実を目指します。

甲状腺

甲状腺外来では悪性・良性を含めた腫瘍性疾患や、バセドウ病などの機能性疾患をはじめとする甲状腺疾患、原発性および続発性(腎性)副甲状腺機能亢進症などの副甲状腺疾患の診療をしています。手術は病気の根治性と術後のQOLを考慮して決定し、手術に関する詳細な説明と情報提供を常に心がけています。
<的確な診断>
甲状腺腫瘍は比較的ありふれた疾患で、5人に1人は甲状腺に腫瘍があるとも言われております。多くは良性腫瘍のため、治療を必要としない場合が多いのですが、良悪性鑑別困難な場合も少なくありません。確定診断のために手術が必要になる場合もあり、当院では甲状腺外科専門医が担当いたします。
<内視鏡手術>
早期の甲状腺癌や比較的小さな良性腫瘍に対しては手術創が目立たない内視鏡手術も導入しております。内視鏡手術では、頸部では無く前胸部(鎖骨の少し下)に創ができるため、創が衣服に隠れ、目立たないという長所があります。
<甲状腺癌に対する治療戦略>
甲状腺癌に対しては、その病状に合わせて適切な手術範囲を設定して手術を行います。葉切除(半分の切除)で根治手術が可能な場合もありますが、全摘が必要になる場合もあります。全摘後には甲状腺癌根治切除後の再発予防として外来アブレーション治療(放射性ヨード内服治療)も行っております。気管浸潤や大血管浸潤などを認める進行甲状腺癌に対しては胸部外科や心臓血管外科とも連携し、積極的な治療を行っております。
<進行甲状腺癌に対する治療>
手術だけでは根治不可能な症例に対しては分子標的治療薬により治療を行います。以前は甲状腺癌に効果がある薬剤はほとんどみられませんでした。現在は分子標的治療薬が登場し、根治不能な甲状腺癌に対して奏効する治療薬がようやく使用できるようになりましたが、様々な副作用があり、専門的な知識を持って使用する必要があります。当院では甲状腺外科専門医が分子標的治療薬の特性を理解したうえで適切な治療法をご提供しております。

その他

紹介していただく時の留意事項

・診療情報提供書(紹介状)をお願いします。必要に応じて診療データ(画像や血液検査)を患者さんに持参いただくようお願いします。
・初診受付日
 乳 腺:火・木 午前9:00~11:00
 甲状腺:火・木 午前9:00~11:00
・午前8:30~10:30の間に患者サポートセンター③窓口で初診手続きをお済ませください。

ページトップへ