{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 乳腺外科

乳腺外科

診療内容・特色・主な対象疾患

診療内容・特色

当科では乳腺疾患全般を対象としています。特に悪性疾患(乳がん)の治療に力を入れています。乳がんは女性が罹患するがんの中で最も頻度が高く、近年は個別化医療も進み、患者さんそれぞれにあわせた治療法の選択が大切です。日本乳癌学会乳腺専門医が中心となって、迅速で正確な診断と専門的な治療を心掛けています。
乳がんはサブタイプ(乳がんの種類)やステージ(病期)、閉経状況等によって治療法が異なります。手術・放射線・薬物療法(抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬)を組み合わせた集学的治療を行います。各科専門医、看護師、薬剤師、検査技師や理学療法士など院内当該部署との連携をとって、患者さんとご家族に寄り添った医療を提供できるよう努めています。
また、遺伝子診療科と連携し、遺伝性乳癌に対して適切なカウンセリングおよび遺伝診断を行い、治療方針を決めていきます。現在までに遺伝性乳癌卵巣癌症候群やリフラウメニ症候群の診療実績があります。
当院は「横浜市乳がん連携病院事業実施要綱」に基づき「横浜市乳がん連携病院」に指定されています。他の連携病院である横浜市立大学附属市民総合医療センター乳腺・甲状腺外科、横浜市立みなと赤十字病院乳腺外科、横浜労災病院乳腺外科と連携し、施設を越えた多職種チーム医療の実践や、地域医療機関との連携強化、市民の皆様向けの乳がん講座の実施など、横浜市内の乳がん診療の更なる充実を目指します。

主な対象疾患

乳がん、乳腺良性腫瘍、乳腺炎など

主な治療実績・専門外来・検査等

治療実績

原発性乳がんの手術は毎年70件前後施行しています。そのほか良性疾患の手術も行っています。また、進行・再発乳癌に対する薬物療法・放射線治療・緩和治療にも対応しています。

原発性乳がん手術件数

専門外来・検査等

専門外来・検査等専門外来は毎週月曜・金曜に行っています。検診異常の精査や乳癌の診断・治療を中心に良性疾患の診断・治療も行っています。
診断に際して、マンモグラフィー、乳房超音波(エコー)検査は紹介当日のうちに結果をお伝えできるように努力しています。検査で見つかった病変は、必要に応じて細胞診や針生検、ステレオガイド/超音波下吸引式針生検(マンモトーム生検)を行って病理学的な診断を行います。乳がんの診断がついた場合、MRI、CTなどを用い、病気の範囲を確認します。
乳がん治療はその性質に合わせて手術、放射線治療、薬物療法(抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬)を組み合わせた集学的治療を行います。乳腺専門医が軸となって、形成外科、放射線科、遺伝子診療科などの各科専門医、看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士、ソーシャルワーカー達と連携し、一丸となってチーム医療を提供しています。チーム医療の中心は患者さんとそのご家族です。
私たちは乳がん手術において、根治性(病気を治すこと)とともに整容性(乳房を美しく保つこと)も大切と考えています。病変の広がりによって、可能な方には乳房温存手術(部分切除術)やセンチネルリンパ節生検といった縮小手術を行い、体への負担や合併症を少なくし、かつ整容面でも優れた治療を心掛けています。乳房全切除術が必要な患者さんで、乳房再建希望があり、かつ適応があれば形成外科と連携をとって乳房再建術を行っております。乳房再建は何で再建するか(人工物(インプラント)か自家組織(腹部や背部の脂肪・筋肉など)か)、いつ再建するか(乳房切除と同時か、再発予防の薬物療法がひと段落してからか)など、患者さんの希望や病状に合わせた再建方法を一緒に考えます。
手術の前後には、再発予防のために抗がん剤治療(3か月~1年:分子標的薬含む)やホルモン(内分泌)治療(5年~10年)、放射線治療(1~2か月)が必要となることがあります。また進行・再発の乳癌は薬物療法が中心の治療となります。薬の種類によってさまざまな副作用がありますが、看護師や薬剤師と連携し、副作用の軽減(支持療法)を心掛けています。腋窩リンパ節郭清を行った場合には、術前後にリハビリテーション科や形成外科とも連携をとり、リンパ浮腫の予防や改善に努めます。
乳がんの診断に伴い、こころや身体のつらさが現れることがあります。乳がん看護認定看護師や緩和医療チームと連携し、患者さんやご家族のつらさを取り除いていきます。また、他院へのセカンドオピニオンご希望の方は、お気軽にスタッフにお声がけください。

その他

紹介していただく時の留意事項

・診療情報提供書(紹介状)をお願いします。可能な限り診療データ(特に画像検査データ)を患者さんに持参いただくようお願いします。
・初診受付日
 乳 腺:月・金 9:00~14:00
・検査の都合上、可能な限り午前8:30~10:30の間に患者サポートセンター③窓口で初診手続きをお済ませください。

当科へのセカンドオピニオンご希望の方

診療情報提供書および画像データをご準備いただき、患者サポートセンターへご連絡ください。担当医の予定を調整し、診察日の予約を致します。

ページトップへ