{

HOME  > 採用情報  > 臨床工学技士 業務紹介

臨床工学技士 業務紹介

担当業務の方針・理念

生命維持管理装置の操作、及び保守点検を通して、高度でかつ安全な治療を提供します。
医療機器の有効活用を提案し、知識と技術の提供を介してチーム医療に貢献します。

業務紹介

1 中央機器管理業務

院内の膨大な数の医療機器を中央管理し、使用前後での機器点検及び、定期点検作業、故障、修理を統括し、安全性を担保しています。

2 臨床業務

大きく血液浄化、体外循環、呼吸療法の分野で関連スタッフと連携を図りチーム医療の一端を担っています。                                              体外循環→人工心肺・補助人工心臓・ECMO・IABP・Impella・肝補助循環等
血液浄化→HD・HDF・OHDF・PE・DHP・PA・DFPP・CHDF等
呼吸療法→RST参画・人工呼吸器の設定確認及び回路交換等
その他→ペースメーカ外来及び遠隔モニタリング、(クライオ)アブレーション・ロータブレータ・ELCA・自己血回収・da Vinci・幹細胞採取・骨髄濃縮・腹水濾過濃縮・人工膵臓等

3 教育、研修業務

院内向けの研修、勉強会を実施し、安全な医療機器の使用に寄与しています。また、学会メーカ勉強会の参加、認定資格取得積極的に取り組み、自己研鑚に努めています。   
○ME機器情報の収集・提供
○ME機器のマニュアルの作成、操作指導研修・勉強会開催
○ME機器各種委員会への参加
○研究・学会参加
○各種認定資格取得・講習会参加
○病院職員へのME機器研修の実施等

ページトップへ