{

HOME  > 採用情報  > 管理栄養士 キャリアプラン

管理栄養士 キャリアプラン

目指すキャリア形成・人物像

・入院患者の治療を栄養管理の側面からサポートすることができる。
・病院給食の意図を理解し、実施することができる。
・個々の人間性を尊重した適切な栄養指導ができる。
・多職種と連携する中で高いコミュニケーション能力を発揮できる。
・自分の専門性を高める努力を惜しまない。
・病院機能、経営を含めたコスト意識をもつ。

キャリアプラン

入職後 目標 主な業務内容 研修・講習会・資格・学会など
1年目 基本的な部門業務の習得 各種問い合わせ対応、食材納入業者対応、早番、遅番、給食管理、衛生管理、栄養管理計画書作成業務等。食物アレルギー聞き取り、献立作成。 栄養指導:1年間でほぼ習得 日本栄養改善学会 日本病態栄養学会 日本臨床栄養代謝学会 日本摂食嚥下リハビリテーション学会他、 保健所研修会、院内研修会、食品関連メーカー主催勉強会、NST教育セミナー受講、NST研修(教育認施設にて40時間)栄養部内部勉強会
2年目 1年目の経験をもとに業務に従事。 1年目に習得した業務をさらに深める。栄養指導は全て対応する。病棟担当業務、入院外来の栄養管理に従事する。
3年目 より複雑な対応でも自分で考え対応する。 基本的なスキル、知識の習得後、先輩の助言を受けながらも主担当としても各種業務に従事し、経験を積む。
4年目 自立、自分の考えをもとに業務を計画実施する。 医療チームへの参画:摂食嚥下支援チーム(3年目以上は専任の可能性)や他医療チームに参画する。
5年目以降 専門性を高め、部門や多職種チームの中で中心的役割を担う。 NSTへの参画:NST研修終了後(5年目以上は専任の可能性、NST経験者はICU専任の可能性)はより専門性の高い業務担当を担当する。勉強会講師等経験し、スキルを発揮する。後輩、実習生の教育担当となる。 経験5年以上で従事できる業務及び取得可能な資格。(糖尿病性腎症透析予防外来担当、糖尿病療養指導士資格取得、NST専門療法士資格取得、病態専門管理栄養士等)

ページトップへ