{

HOME  > 来院される方へ  > お薬手帳

お薬手帳

お薬手帳の役割

お薬の使い方は、お薬ごとに本当にさまざまです。
飲む量も時間も回数も、注意しなければならないことも違います。
たくさんお薬を飲んでいればいるほど、服用方法を正しく守ることが重要です。そのためには、今、自分がどんなお薬をどんなふうに飲んでいるかという情報をいつも自分で持っていたいものです。
このページでは、お薬手帳のことや、お薬手帳を持つメリットについてご紹介します。

お薬手帳とは

お薬手帳は、医療機関で処方された薬の名前や服用方法、服用回数だけでなく、副作用歴やアレルギー歴などを記録するものです。薬局で薬をもらう時に希望すれば作ってもらえます。
複数の医療機関を受診する時など、『お薬手帳』を見せるだけであなたの既往歴やお薬のことをわかってもらえます。

その他に、
・旅行する時
・薬局で薬を購入する時
・転居して、新しい医療機関を受診する時
・休日診療所や救急病院を受診する時
・災害にあった時
こんな時にも役にたつのが『お薬手帳』です。

           ※横浜市薬剤師会版のお薬手帳→


お薬手帳を使用するメリット

お薬手帳を持っていると次のようなことができます。

・薬の重複やよくない飲み合わせを未然に防止できます。
・同じ薬による副作用の再発を防止できます。
・検査や手術の時に服用を中止する薬がないか確認できます。
・薬の使用の記録があることで、より安全に薬を使用することができます。
・市販薬(OTC医薬品)・健康食品も記録しておくと、よくない組み合わせ・食べ合わせが見つかることがあります。
・体調の変化や気になったこと、医師や薬剤師に相談したいことを書いておくことができます。
・普段から持ち歩いておくと、旅行先で病気になった時や災害時に避難した時、救急のときなどに、あなたが飲んでいる薬を正確に伝えられます。

当院からのお願い

当院では、患者さんに安全に治療を受けていただくため、受診時や入院時に必ずお薬手帳の持参をお願いしています。特に入院時には、お薬手帳や患者さんの持参するお薬で、現在服用している薬を確認します。また、退院時の薬の情報もお薬手帳に記載します。退院後に薬局で薬をもらう際には同じお薬手帳を提出してください。

※複数の医療機関で薬を処方されていても、お薬手帳は1冊にまとめましょう。病院ごとや薬局ごとに、別々のお薬手帳を作らないようにしましょう。


ページトップへ