{

HOME  > 新型コロナウイルス感染症に関する当院の対策について

新型コロナウイルス感染症に関する当院の対策について

新型コロナウイルス感染症については、神奈川県内においても新規感染者が継続的に発生しており、警戒が必要な状況が続いています。
最近では家庭内や職場内での感染が増えており、また軽症・無症状の患者さんがほとんどであることから、当院でも院内感染防止対策を強化し、患者さんの安全確保に努めています。
当院の取組と現状について、以下の通りお知らせします。

1 入院前PCR検査の実施について

院内感染のリスクを下げ、患者さんの安全を確保するために、原則として入院される全ての患者さん(分娩を含む)にPCR検査を受けていただいております。予定入院患者さんは、入院日の7~2日前までに必ず検査を受けてください。(検査の受け方に関しては、入院が決まりました段階でご説明します。)
なお、感染を否定することのみを目的としたPCR検査や診療を行うことはできませんのでご了承下さい。

2 入院診療について

通常通り入院診療を行っております。当院では皆様に安心してご来院いただけるよう、感染対策を徹底しております。

3 外来診療について

通常通り外来診療を行っておりますが、病院入口にてサーモグラフィー等による検温・アルコールによる手指衛生を実施していますのでご協力願います。
また、受診にあたってはマスクを着用し、付き添いは1名でお願いします。
なお、以下に該当する方は、受診前に必ずお電話でご相談ください。(代表電話:045-787-2800)
(1)発熱(37.5℃以上)
(2)風邪症状(のどの痛み、咳、痰)
(3)呼吸が苦しい
(4)倦怠感
(5)匂いや味の感覚の異常
(6)新型コロナウイルス感染者との接触(同居の家族、職場、知人など)
(7)外国から帰国して2週間以内

4 入院患者さんへの荷物のお届けについて

新型コロナウイルス感染症等の拡大防止の観点から、当院では入院患者さんへの面会を原則禁止としております。
入院患者さんへ荷物を届ける場合は、次のどちらかの方法でお願いします。

1.ご家族が持参

①15時~17時の間にご家族の方が1名で、ご来院ください。
②ナースステーションで荷物の受け渡しを行ってください。
③原則として、患者さんと面会することはできません。

2.宅配便で送付

送料元払いで送付してください。(着払いでは送らないでください)
【発送先】
〒236-0004
神奈川県横浜市金沢区福浦3-9
横浜市立大学附属病院
〇-〇病棟○〇号室入院中 ○○○○様 ※病棟、部屋番号を記載してください。
TEL:045-787-2800

注意事項

・伝票に内容物(例:衣類等)を必ず明記してください。
・送付できるものは、日用品・衣類のみです。【現金等の貴重品/可燃物等の危険物/生もの/温度変化に弱いもの】は送付しないでください。
・入院期間外、退院日等に届いた場合、あるいは送付先の患者さんが確認できない場合は、着払いで返送させていただきます。
・入院期間外、退院日等に届いた場合、あるいは送付先の患者さんが確認できない場合は、着払いにて返送させていただきます。
・治療上の理由で患者さんにお渡しできないもの、もしくは患者さんが受取拒否された場合には、送られたものは病院で処分させていただきます。(可能な限り、入院患者さんの了解を得てからお送りください)
・着払いを承ることはできません。
・病院の担当窓口を経由するため日時指定をされてもその通りに患者さんにお届けすることはできません。特に土日祝日や平日夜間などの日時指定はご注意ください。

5 新型コロナウイルス感染症流行に伴う各患者会等の開催に関するお知らせ

患者会

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を踏まえ、当面の間、病院内施設での開催を中止とさせていただきます。改めての再開につきましては、病院内掲示およびホームページ等でもお知らせさせていただきます。

・血液疾患患者会「心愛の会」、婦人科腫瘍患者会「わいわいクローバーの会」については一部オンラインでの開催を調整しております。
・乳がん患者会「ハートマンマの会」、喉頭がん等患者会「横浜市港笛会」につきましては開催を中止しています。

詳しくは患者サポートセンターまでお問い合わせください。
電話:045-787-2800(代表)

横浜市立大学附属病院がんサロン「はまかぜサロン」(病院主催)

横浜市立大学附属病院がんサロン「はまかぜサロン」は毎月オンラインで開催しています。詳しくはお知らせをご覧ください。

ページトップへ