研究推進センター研究推進センター

嶋田幸久教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2017.02.14
  • TOPICS
  • 研究

嶋田幸久教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学木原生物学研究所の嶋田幸久教授らが、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構と共同出願していた下記の特許が、2017年1月20日付で日本において特許権として登録されました。
発明の名称  果実の鮮度保持剤
出願日 2013年1月21日
発明者 嶋田幸久、山崎千秋(立木美保、中嶋直子(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構))
登録日 2017年1月20日
番 号 第6078351号
特許成立国 日本
内 容 公知の鮮度保持剤と比較して優れた特性を備える果実の鮮度保持剤を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加