研究推進センター研究推進センター

谷口英樹教授らの研究成果が、アメリカ合衆国で特許として成立しました。

2017.02.14
  • TOPICS
  • 研究

谷口英樹教授らの研究成果が、アメリカ合衆国で特許として成立しました。

本学医学研究科の谷口英樹教授らによる下記の特許出願が、2017年1月3日付でアメリカ合衆国において特許権として登録されました。なお、本件はすでに日本においても特許権として登録されています。
発明の名称  肝細胞の分化誘導方法、ヒト化肝臓キメラ非ヒト動物の作製方法
出願日 2012年9月28日
発明者 谷口英樹、鄭允文
登録日 2017年1月3日
番 号 アメリカ合衆国特許 9,532,554
特許成立国 アメリカ
内 容 本発明は、肝細胞の分化誘導方法及びヒト化肝臓キメラ非ヒト動物の作製方法に関する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加