ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 産学連携  > NMR  > 「成果非専有利用(被災研究者支援)」の新設について

「成果非専有利用(被災研究者支援)」の新設について

先般発生した東日本大震災により、不幸にも命を落とされた方に心よりご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆さま、ご家族、関係者の方々に、お見舞い申し上げます。

本学ではこの度、独立行政法人理化学研究所、大阪大学蛋白質研究所と連携し、震災の直接的な影響により研究活動が困難になっている研究機関等に対して研究支援を行うため、「成果非専有利用(被災研究者支援)」枠を新設しました。

支援の概要

震災の影響により研究活動が困難となった東北地方を中心とした研究機関について、研究活動の支援を実施します。新たに被災研究者向けの「成果非専有利用(被災研究者支援)」を新設し、提供活動を実施します。

制度

対象者

地震の直接的な影響で研究活動が困難となった研究者を対象とします。具体的には政府が指定する災害指定地域を準用し(災害救助法適用地区、但し帰宅困難で指定された東京都は除く)当該地域の研究者を対象とします。

提供費用

無償

利用申請

「成果非専有利用(被災研究者支援)利用課題申請書」をダウンロードして、必要事項を記入の上、下記メールアドレスまで送付してください。

送信先:横浜市立大学 研究推進課
E-mail kenkyu@yokohama-cu.ac.jp

審査

課題選定委員によるメールレビュー等により随時審査を実施します。

受入

基本的には、他の利用者と同様とします。但し、特に来学が困難な場合は、市大側で可能な限りの実験協力を行います。

その他

独立行政法人理化学研究所横浜研究所、大阪大学蛋白質研究所と連携して実施します。各機関の支援内容については、Webサイトをご覧ください。

お問合せ

公立大学法人横浜市立大学 研究推進センター
  〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
  TEL 045-787-2404 FAX 045-787-2025
  E-mail kenkyu@yokohama-cu.ac.jp