医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

老年看護学

老年看護分野とは

高齢社会の進展に伴い、看護師は多様な健康レベルや看護場面に応じた高度な看護実践能力と共にチーム医療を先導する役割を担うことを社会から期待されています。
 老年看護の実践は高齢者の健康と機能状態をアセスメントし、適切な看護または必要な医療サービスを計画・実施し、評価することが含まれます。特に重要なことは、ADL機能を最大限維持すること、精神面を含む健康の増進と維持と回復を図ること、急性ならびに慢性疾患による障害を予防または最小限に抑えること、死の瞬間まで生命の尊厳と安楽を維持することです。
 高齢者とその家族を対象とする老年看護は、老人ホームや関連施設、病院、高齢者の家庭、診療所、そして地域のあらゆる場面で展開されます。
 従って、老年看護学分野では、老年期にあっても健康でその人らしいQOLの維持、または向上を目指したケアの検討、施設を超えて支援する体制等の研究を通して、課題解決する能力の育成を目指します。

老年看護学分野 教授 叶谷 由佳


◆当分野は平成25年度より設置いたしました。

看護学専攻修士課程(2018年度より博士前期課程)