医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

科目概要

専門科目(開講時期 単位) *CNSコースの場合

感染看護学特講I: 1年・前期 2単位(30時間)

感染防止の実践の基礎となる微生物及び臨床微生物や、感染防御機構としての免疫に関する知識について探求する。


感染看護学特講II:1年・後期 4単位(60時間)

高度先端医療における易感染患者の看護、地域及び病院における感染症の発症要因及び流行について探求すると共に、小児から高齢者まで幅広い年齢層の特徴をふまえた治療及び看護方法、そして疾患・治療・看護に伴う患者・家族へ与える影響についても概観する。


感染看護学特講III:1年・後期 2単位(30時間)

日本における感染対策の現状及び課題を展望する観点から、欧米や日本における感染症流行及び感染対策の歴史的変遷を理解すると共に、市中及び院内感染の防止方法と保健活動、院内教育及び病院管理について探求する。


感染看護学演習: 1年・通年 4単位(120時間)

消毒や滅菌、無菌法に関する基礎知識を教授すると共に、実験的手法を用いて手洗いや手指消毒及び無菌法の臨床における応用について探求する。さらに病院内の感染防止に関する看護活動や、院内教育及び病院管理などにおける感染看護師の役割を教授すると共に、臨床における感染防止活動に関する問題を明確にし、適切な感染防止対策について探求する。また、疫学調査法や統計学をもとに病院感染に対するサーベイランスの方法について演習し、それらの結果に基づいた感染看護CNSの活動のあり方について探求する。


感染看護学専門実習I:1年・後期 2単位(90時間)

神奈川県下唯一の第一種感染症指定医療機関、横浜市下唯一の第二種感染症指定医療機関、神奈川県エイズ診療拠点病院における感染看護活動や感染管理の実際に参加し、感染看護専門看護師の役割・機能及び第一種・二種感染症関連の看護について学ぶ。


感染看護学専門実習II:2年・前期 4単位(180時間)

高度先端医療施設、エイズ中核拠点病院である大学病院において、易感染患者及び感染症患者を対象に看護実践を通して感染看護専門看護師に求められる実践・教育・相談・調整・研究・倫理に関する高度な看護実践能力を習得する。


感染看護学特別演習:2年・通年 4単位(120時間)

感染看護学における主要な研究方法について理解を深めるために、文献検討及びフィールドワークにより明らかになった各自の研究課題に関する方法論を探求する。


感染看護学課題研究:2年・通年 4単位(120時間)

感染看護学における意義ある研究課題を設定し、適切な研究方法を設定の上、研究計画書を作成する。研究計画に基づきデータ収集・分析を行い、研究論文(修士論文)を完成させ、公表する。

看護学専攻修士課程(2018年度より博士前期課程)