医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

科目概要

科目概要

母性看護学特講I(2単位30時間・1年前期)

母性看護学で用いられている諸概念や理論を理解し、女性のライフサイクルからみた健康問題や周産期の母子および家族の健康支援について科学的に探究します。

母性看護学特講II(2単位30時間・1年後期)

女性のライフステージ全般をリプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点から診断し、母子の健全な育成に関する諸因子、女性の心身における成熟と衰退の過程、対象の生活や健康問題への反応を理解するために必要な諸理論を探究します。

母性看護学特講III(2単位30時間・1年後期)

母子および家族関係を理解する概念・理論を基盤に、育児期にある母親の不安や子どもの虐待など、現代社会における諸問題について、子どもを育て、または子どもから育てられ成長発達していく母子関係の両側面から捉え、子育て支援および家族のQOL向上へのアプローチについて学びます。また、地域とりわけ大都市で生活する先天障害や後天的に健康障害をもった子どもと家族に焦点をあて、先端医療から在宅という経過におけるサポートシステムの現状を分析し、医療と保健・福祉・教育の連携のあり方と課題を探究します。

母性看護学演習I(2単位60時間・1年前期)

母性看護学領域における研究の動向と課題を国内外の文献により把握するとともに、自らの研究課題の明確化に向けての文献検討を行います。あわせて、母性看護学についての先駆的な看護実践の体験を通して、母性看護実践における専門的役割を探究します。

母性看護学演習II(2単位60時間・1年後期)

母性看護学領域における研究の動向と課題を国内外の文献により把握するとともに、自らの研究課題の明確化に向けての文献検討を行う。あわせて、母性看護学についての先駆的な看護実践の体験を通して、母性看護学実践における専門的役割を探究します。

母性看護学特別演習(4単位120時間・2年通年)

先端医療施設・保健・福祉・教育施設におけるケアの実際を調査し、母性専門看護職に求められる役割と課題を探究します。母性看護学領域における実践活動を通して得られた、自己の看護実践の課題を評価し、研究課題へと発展させます。

先端医療看護学特別研究(8単位240時間・2年通年)

先端医療看護学分野における看護サービスの質的向上に繋がるテーマを見出し、研究を通してテーマを追究し、修士論文を作成します。

看護学専攻