医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

医学研究科母性看護学分野

母性看護学分野とは

母性看護をとりまく社会状況は、女性の生き方の変化や、少子社会の招来など、我が国の未来と密接に直結しています。特に我が国では、出生前診断などの倫理的問題やドメスティック・バイオレンス、不妊、高齢出産やハイリスク妊娠の増加など、多くの課題を有しています。また、我が国の合計特殊出生率は1.5未満であり、お産は女性にとっても家族にとっても非常に貴重なライフイベントであることから、一人ひとりの体験を大切にする、女性を中心としたケア(Woman - Centered   care)や家族を中心としたケア(Family - Centered   care)が重要です。したがって、母性看護学の対象である女性とその家族を取り巻く環境は大きく変化していることから、看護職に求められる役割は大きく、これらの母子保健の現状を把握し、社会の中の母性を的確に捉える研究能力が必要となります。
母性看護学分野では「妊娠・分娩・産褥は生理的な現象であり、女性は子どもを産み、育てる力を持っている、胎児は産まれてくる力を持っている」、「お産は自然の営み」であるという考えを基盤としています。看護は実践の科学であることから、机上の空論ではなく、社会のニーズにあった研究の実施が大切です。一方で、看護はアートでもあり、経験に裏付けられた看護師や臨床助産師の勘や経験からの根拠や技は非常に重要です。母性看護学分野では、研究と実践、研究と社会活動との実質的なつながりを意識し、実践的研究能力で現場を改革したり、地域への研究成果の還元できる能力の育成を目指します。
母性看護学分野 教授 中村幸代 母性看護学分野 教授 中村幸代
・学部教育では小学生を対象としたいのちの授業やフィリピンでのフィールドワーク活動などを実施しています。詳細はこちらをご覧ください。

教員紹介 (2018年1月現在)

教員          研究テーマ
中村 幸代
教授
⒈周産期のヘルスプロモーションに関する研究
⒉自然分娩に関する研究
⒊女性の健康を維持・増進するためのセルフケアの獲得とその支援に関する研究
⒋女性を中心としたケア(Women-centered care)に関する研究
⒌ウィメンズヘルスに関する研究
⒍ペリネイタルロスに関する研究
⒎助産や母性看護学にかかわる教育や管理に関する研究

現在は、「妊婦のアドヒアランスを促進する冷え症改善支援モデルの開発」をテーマとして研究に取り組んでいます。

・妊産婦の冷え症研究公開サイト:
http://plaza.umin.ac.jp/hiesho/index.html

・冷え症看護/助産研究会ホームページ:
http://hiesho.kenkyuukai.jp/special/?id=9010

・日本看護科学学会「研究の玉手箱」
妊婦の冷え症はお産を長引かせる:
http://jans.umin.ac.jp/iinkai/pr/secret_box/index.html

からだにいいこと 特別編集 preco(プレコ)
その不調「冷え」が原因かも?


現在実施中のアンケート調査のための情報公開用文書
 
宮内 清子
准教授
⒈ウィメンズヘルスに関する研究
⒉更年期女性へのヘルスプロモーションに関する研究
⒊女性に多い難病「シェーグレン症候群」に関するミックスメソッド法を用いた研究
竹内 翔子
助教
⒈妊娠期のセルフケアに関する研究
⒉産褥早期の看護ケアに関する研究
佐藤 いずみ
助教
⒈育児期における母親の対処行動に関する研究
⒉母乳育児支援に関する研究 

連絡先

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

母性看護学分野 
教授 中村 幸代
メールアドレス : nakamura@yokohama-cu.ac.jp
電話番号 : 045-787-2511(代表)
母性看護学分野 教員
母性看護学分野 教員

看護学専攻修士課程(2018年度より博士前期課程)