大学の情報公開大学の情報公開

アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

学部・学科構成

国際総合科学部

国際総合科学科 

医学部 

医学科
看護学科

歴史と特色

横浜市立大学は、1882(明治15)年に創設された横浜商法学校、1874(明治7年)に開院した十全病院、および1898(明治31)年に創設された横浜市立十全看護婦養成所をその原点としています。外国と対等に貿易を行うための商業教育、また横浜の医療の発展につくす万人のための医療の実施がこれらの設立の目的でした。こうした流れを発展させる形で、1949(昭和24)年に新制大学として横浜市立大学商学部が、3年後の1952(昭和27)年には医学部が発足しました。どちらも「人の役に立つ人となれ」という精神が根底にあります。また商学と医学という2つの領域をつないでより総合的な大学となるよう、特に国際港都横浜の文化的発展を担う国際的な青年を育成するため、同じ1952年に文理学部が設置されました。以来、1995(平成7)年の文理学部改組による国際文化学部と理学部の開設、および大学院の設置・拡充を経てなお、「国際港都横浜市における学術の中心として研究教育ならびに能力に富む人材の育成に努め、世界の平和と人類の福祉に貢献し、市民生活ならびに文化の向上に寄与する」という建学の精神を継承し、発信型の国際的人材を横浜から世界に送り出しています。

社会が経済や科学技術と密接に関連しながら地球規模で足早に変化する中で、2005(平成17)年の公立大学独立行政法人化を機に3学部(商学部・国際文化学部・理学部)を国際総合科学部に統合し、柔軟なカリキュラム編成を導入しました。同時に医学部では看護短期大学部を4年制とし、医学科と看護学科の2学科体制としました。これにより世界有数の沿岸大都市(Coastal Mega-City)横浜市が有する大学として、世界を見据えて活躍する国際感覚豊かな若者を育成する目標にむけて、大学をあげてリベラルアーツ教育(実践的な教養教育)の拡充、国際化推進、先端的科学研究の遂行に努めています。 

本大学の使命と3つの理念

横浜市立大学は、学生一人ひとりの個性を尊重し、幅広い教養と磨かれた専門性が具わるよう、きめ細やかで実践的な教育を推進します。そして国際都市・横浜にふさわしい国際性と自由で柔軟な考えをもち、社会の発展や人類の文化向上および福祉に貢献しようという高い志をもつ人間を育成すると共に、学術の中心として世界に通用する大学となります。

(1)学習成果を最大限に引き出し、自ら課題を見つけ探求する姿勢と様々な問題を解決する能力が備わった人間の育成に努めます

(2)学生のキャリア形成に主眼を置いた様々な支援プログラムを提供し、国際社会で通用する人間の育成に努めます

(3)横浜市が有する意義ある大学として、人材育成、産学連携、市民医療など地域への貢献を推し進めます 

学部の教育目標

実践的な共通教養教育

変革の時代に求められる積極的な姿勢と課題を解決する力を備えた人間を育成するために、自ら問題を発見し、取り組むことができるよう「問題提起科目」「技法の習得科目」「専門との連携科目」からなる実践的な共通教養教育を全学的に行います。英語を中心とした語学力と文章表現・発表能力の開発を重視し、国際的な場で活躍できる基礎を築きます。 

国際総合科学部

国際的視野を有し21世紀をきり拓く人間を育てるため、国際基準を満たす教育を行います。課題発見から解決まで一貫して取り組むことができるよう、論理的な思考力、表現力、発信力を育成します。専門教養教育は4つの学系(各3コース)からなる12コースに分かれて行います。基礎と専門が車の両輪となるよう、共通教養と専門教養との単位の均衡を図っています。 

医学部

生物学、化学などの基礎科学のみならず、文学、哲学、倫理学などの人文科学にも確固とした基礎を置き、学問の府として広く医学・看護学および医療の知識と技術を授け、高度な学識や倫理観と実践能力を培うことによって、地域社会や国際社会で活躍・貢献することのできる人材を育成するとともに創造的研究を遂行し、社会の発展と人類の福祉に寄与する医学・医療分野の指導的な人材を育成します。

■医学科においては医学科、医学研究科、附属2病院が密に連携して医学教育を行うとともに、医学・医療分野における課題を解決するための創造的研究を推進し、最新の医療技術を臨床現場に導入して、全人的医療を実践する人材の育成を目指しています。プライマリ・ケア医をはじめ、生命科学、医学、医療の分野をリードする臨床医、医学研究者、医学教育者、医療行政官など、医学・医療の分野における指導的医師・研究者を育成します。

■看護学科においては今日の保健医療・福祉分野における医療技術の進歩の中、健康問題に関する多様なニーズに対して高い専門性と共に生命と個人の尊厳を尊ぶ姿勢や倫理観を有し、他の専門職との連携を図り、リーダーシップの発揮できる人材の育成を目指しています。 

求める学生像、望ましい資質

横浜市立大学が求める学生像

横浜市立大学では、学部・学科・学系によらず、次のような人を求めます。
・既成の枠組みや慣行にとどまらず、自由で創造的な姿勢で真理を探究する人
・課題意識を持って、自らの人生を生き抜く強い意志力を備えた人
・地域社会のみならず、広く人類社会に貢献する意欲を持つ人 

望ましい資質

■国際総合科学部
・ 人間と自文化・異文化についての旺盛な好奇心を持つ人
・ 外国語への関心を持ち文化交流や情報発信に積極的な人
・ 社会や文化について深く考え追求できる人
・ まちを歩くのが好きで社会の動きや流行に敏感な人
・ 新しいことにチャレンジしてあきらめない人
・ 枠におさまらずにいろいろなことに興味をもつ人
・ 経済・社会問題など社会科学の話題に興味を持つ人
・ 企業経営や市場、政策、地域に対する旺盛な好奇心を持つ人
・ 多様な観点から経済社会の問題に取り組む意欲を持つ人
・ 自然科学に対する強い関心と探求心がある人
・ 実験し発見することに喜びを感じられる人
・ 自然科学を発展させる意欲にあふれる人


■医学部
医学科
・ 高い倫理観と医学分野への深い関心を有する人
・ 思いやりがあり、命を尊ぶ心を有する人
・ 柔軟性と協調性を備えた高いコミュニケーション能力を有する人
・ 自ら問題を発見し、解決するための学習意欲を有する人
・ 医療の担い手たる責任感・使命感を有する人
・ 自ら生活習慣を改善し、健康増進に取り組む意欲を有する人
・ 医学界をリードし、医学・医療の進歩に世界レベルで貢献する熱意を有する人
看護学科
・ 生命と個人の尊厳を尊ぶ姿勢のある人
・ 高い責任感・使命感・倫理観を有する人
・ 向学心を有する人
・ 看護実践者として社会に貢献する意欲のある人
・ 将来、看護実践における問題や課題に着目し、解決することへの学習意欲のある人 

多様な入学者受入制度

一般選抜入学試験

【国際総合科学部】
総合的な基礎学力を評価する大学入試センター試験(第1次試験)と、外国語能力や志望分野についての問題意識、理解力、論理的思考能力などを評価する個別学力検査(第2次試験)により選抜します。

■国際教養学系の第2次試験は、英語と小論文の試験により行います。小論文では、現代社会の社会・文化問題に知識と関心を持っているか、複雑な社会・文化現象に対する分析力と理解力を持っているかを評価します。

■国際都市学系の第2次試験は、英語と小論文の試験により行います。小論文では、国際社会や都市に関心を持ち、現代的な課題や問題に気づいたり理解する力を持っているかを評価します。

■経営科学系の第2次試験は、英語と小論文の試験により行います。小論文では、社会現象に対する理解力や思考力、および社会科学に関する総合的な能力を持っているかを多角的に評価します。

■理学系の第2次試験は、英語、理科、数学の試験により行います。理科と数学の試験では、物理・化学・生物学・数学の基礎をよく理解し、自然現象や科学技術などを基本に根ざした視点でとらえる力があるかを評価します。


【医学部】
総合的な基礎学力を評価する大学入試センター試験(第1次試験)と、個別学力検査(第2次試験)により選抜します。

■医学科の2次学科試験においては自然科学(理科)、外国語(英語)、数学を課し、いずれの分野においても基礎をよく理解しているかどうか、また小論文と面接においてはものの考え方やコミュニケーション能力を評価します。

■看護学科の第2次試験においては保健医療・福祉の分野に関わる問題・課題についての基本的な知識や自己の見解などを論理的に表現できる力を評価します。
 

特別選抜入学試験

【国際総合科学部】国際教養学系/国際都市学系/経営科学系/理学系
■指定校推薦入試
本学への入学実績に基づき本学国際総合科学部が指定する高等学校の在籍者を対象として、在籍中の英語を含めた幅広い基礎学力が備わっているかを評価する書類選考と面接により評価します。

■公募推薦入試
本学を第1志望とし、出身学校長の推薦を受け、大学入試センター試験において本学の指定する教科・科目のすべてを受験した人を対象に実施します。卒業見込の人に加え前年3月に卒業した人も出願できます。書類選考とセンター試験の成績によって評価します。

■AO入試
高校生から社会人まで、大学入学資格を持つ人を広く対象として独自の個性や資質などを備えた人を選抜するため実施します。関心ある分野における積極的な活動やそれに対する自己評価、入学後の目標を記した書類および高等学校の調査書(またはそれに代わる書類)、英語外部試験の成績の提出が必要です。1次の書類選考合格者には2次試験として書類内容に即したプレゼンテーションを課し、総合判定します。

■海外帰国生入試
外国の高等学校で学んだ邦人等を対象に実施します。英語外部試験において一定以上の成績を修めていることが必要です。日本とは異なる教育制度の元で修得した学科目の修得内容や外国滞在経験により培われた国際的感覚などを評価するため、筆記試験および面接を行います。

■国際バカロレア入試
国際バカロレア(IB)を資格を取得した(または取得見込みの)邦人等を対象に実施します。IB資格の取得地に日本国内・国外を問いませんが、英語外部試験において一定以上の成績を修めていることが必要です。日本語能力等を評価するため、筆記試験および面接を行います。

■科学オリンピック入試
科学オリンピック・コンテスト(物理、化学、または生物)の最初のステージを通過した者を対象に実施します。英語外部試験において一定以上の成績を修めていることが必要です。コンテスト参加等を通じて培われた科学的資質を評価するため、筆記試験および面接を行います。

■外国人留学生入試
日本国以外の学校教育制度による12年の課程を修了(または修了見込)し、その国において大学入学資格を有する外国人を対象として実施します。日本留学試験および英語外部試験において一定以上の成績を修めていることが必要です。また日本語能力および思考力や基礎学力について、筆記試験および面接により評価します。

■社会人入試
大学入学資格を持ち、満25歳以上の人を対象として実施します。英語外部試験において一定以上の成績を修めていることが必要です。選抜においては、筆記試験および面接を課し、評価します。

【医学部】医学科
■特別推薦入試
横浜市立高等学校および本学医学科への合格実績を有する神奈川県内の公私立高校在籍者の中から特別に推薦された者を対象とし、書類審査、多面的な面接および大学入試センター試験の成績により、人物・学業成績ともに優秀な者を選抜します。

【医学部】看護学科
■指定校推薦入試
本学看護学科が指定する高等学校の在籍者を対象として、在籍中の書類選考と面接により評価します。卒業後は横浜市内を中心とした地域医療へ積極的に貢献できる人の入学を期待する制度です。 

教育研究上の目的と組織