研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

中井川昇准教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2018.05.25
  • TOPICS
  • 研究

中井川昇准教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学医学研究科の中井川昇准教授らが出願していた下記の特許が、2018420日付で日本において特許権として登録されました。
発明の名称  腎癌薬物療法の効果判定のための血中バイオマーカー
出願日 2016年10月11日
発明者 中井川昇、上野大樹、矢尾正祐
登録日 2018年4月20日
番 号 第6325177号
特許成立国 日本
内 容 薬物療法施行中の進行性腎細胞癌患者の血漿PARK7濃度の変化を測定することによって薬物療法の効果判定が行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加