{

HOME  > 診療科・部門案内  > 医療の質向上・安全管理センター  > 医療の質向上・安全管理センター 

医療の質向上・安全管理センター 

医療の質向上・安全管理センター

医療安全管理に関連する3部門および医薬品・医療機器・医療放射線各責任者を統括し、組織横断的な連携を図りながら様々な質改善業務を推進します。また、多職種が参加する専門性の高い医療チームの活動を支援し、医療現場での横断的連携を支えます。

横浜市立大学附属病院における医療安全管理に関する基本指針

医療の質向上・安全管理センター組織図

医療の質向上・安全管理センター担当者

医療の質向上・安全管理センター長(統括安全管理者・医療安全管理責任者)

医療安全および質改善活動の統括を行います。当院の医療安全管理の責任者です。

医療の質向上・安全管理副センター長

医療の質向上・安全管理センター長の指示のもと、医療の質・安全管理部の運営、業務遂行等の調整を行います。

医療の質・安全管理部長(安全管理指導者・医療安全専従医師)

医療の質・安全管理部が行う業務を統括し、医療安全管理全般の指導、教育を行います。

医療の質・安全管理部兼務医師

医療の質・安全管理部長の指示のもと、医師としての専門的見地から医療の質・安全管理部の業務を行います。

医療安全管理者(医療安全専従看護師・医療安全専従薬剤師)

医療の質向上・安全管理センター長及び医療の質・安全管理部長等の指示により、医療安全確保のための対策、インシデント・アクシデント発生時の対応、状況把握や分析、防止対策、医療安全に関する相談、助言など医療安全に必要な事項及び関係委員会及び会議の運営を行います。

高難度新規医療技術評価部長

高難度新規医療技術を導入する際の手順に従い、手順に基づく対応及びその遵守状況の評価に関する責任者です。

未承認新規医薬品等評価部長

未承認新規医薬品及び未承認新規医療機器等を用いた医療提供の手順に従い、手順に基づく対応及びその遵守状況の評価に関する責任者です。

医療機器安全管理責任者

病院長、医療の質向上・安全管理センター長の指示のもとに、医療機器の使用に関する安全管理のための体制確保に努めるとともに、所有機器管理、保守点検、情報周知及び新規購入時の職員への操作研修や保守点検、安全使用のための情報周知、未承認機器の使用など、医療機器に関わる全般の管理を行います。

医薬品安全管理責任者

病院長、医療の質向上・安全管理センター長の指示の下に、院内の医薬品に関わる安全管理全般の体制整備、管理運営を行います。

医療放射線安全管理責任者

診療用放射線の利用に関する安全な管理のため、研修の実施、被爆線量の管理、記録、安全利用の改善、放射線診療に関する事例発生時の対応を行います。

ページトップへ