{

HOME  > 診療科・部門案内  > 中央部門  > 感染制御部

感染制御部

感染制御部 部長 医師
加藤英明[researchmap

感染対策の専門家集団として

感染制御部は医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師、事務職員より構成されており、各職種の専門性を生かし、感染対策の強化をはかっています。院内各部署、行政とともに密接な情報交換を行い、院内はもとより地域における感染対策の司令塔的役割を果たしています。

院内における役割

当院の感染制御部は,医療の質・医療安全の要素の1つである「医療関連感染」の予防と対策を職務とする部署として2007年9月に設置されました。新型コロナウイルス感染症対策をはじめ、抗生物質の効かない細菌(耐性菌)の感染対策の重要性が社会的に問題となる中で医療安全部門とともに感染対策を行っています。
また、高度医療を提供している大学病院では抵抗力が低い(易感染性の)患者さんが多く、医療に関連した感染症の発症予防のための知識や技術教育活動をするとともに院内における感染症の発生状況を様々な角度から情報収集し院内環境を整えています。

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)カンファレンス 

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)カンファレンス 

主な業務内容

(1) 感染対策指針・感染対策マニュアルの作成・改訂
(2) 感染対策に関する講習会の開催をはじめとする職員の教育・指導
(3) 院内環境ラウンドと整備
(4) 各種サーベイランスの実施と院内の感染症発生動向の監視と対応
(5) アウトブレイクの早期発見と対策の立案・実行
(6) 各種感染症患者の感染対策に関する指導
(7) (針刺し切創・血液体液曝露時)職業感染予防の対応
(8) 抗菌薬適正使用支援プログラムの運営
(9) 地域医療機関との連携・支援
(10) 学生の教育・指導
(11) 新興感染症等危機的感染症発生時の対応 など

ページトップへ