{

HOME  > 採用情報  > 社会福祉士 業務紹介

社会福祉士 業務紹介

担当業務の方針・理念

「クライエント主体」、「当院の社会的存在意義」、「地域貢献」を重んじ、科学的根拠に基づいたソーシャルワークを提供します

業務紹介

1 退院(在宅・転院)支援

患者さんの身体的・心理的・社会的状況および希望する生活像に応じて、退院支援を行う。在宅に向けては、地域のケアマネジャーや訪問診療医、訪問看護らと連携し、介護サービスや在宅医療の導入・調整を図る。転院に向けては、地域の医療機関(一般病棟、回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟、療養病棟、緩和ケア病棟 等)と密に連絡を取り、調整を行う。また、状況に応じて、介護施設等の入所調整も行う。

2 入院前支援

入院サポート看護師と協働して入院前から身体的・心理的・社会的リスクのある患者をスクリーニングし、入院前からの早期介入を開始する。具体的には、経済的問題の調整や転退院の支援のみならず、治療と仕事の両立、身寄りのない患者の権利擁護等、予防的観点を持って支援を行っている。

3 経済面での支援

医療費や生活費の心配がある患者さん・ご家族に対し、社会資源を活用して問題の解決を図っている。お金の切れ目が医療の切れ目とならなぬよう、生存権を擁護する観点で支援を行っている。

4 患者人権擁護

児童虐待や高齢者虐待、DVに対する相談を受け、被虐待者の安全と権利の保障のため、各関係機関と連携を取っている。虐待予防の観点から、子どもの養育に不安がある妊産婦への支援も積極的に行っている。

5 各種拠点病院事業

自院の患者のみならず、一般市民からのがん相談(がん拠点病院としての事業)や認知症医療相談・受診相談(認知症疾患医療センターとしての事業)、難病相談(難病連携拠点病院としての事業)等に対応している。また、エイズ中核拠点病院として、地域の医療・介護従事者に対するHIVの研修事業も担っている。

ページトップへ