{

HOME  > 当院について  > 当院の取組み  > みなさまの声

みなさまの声

当院では患者さん本位の医療サービスの向上を推進するため、皆さまから寄せられたご意見・ご要望を参考に改善に取り組んでいます。
以下は、患者さんより寄せられたご意見等の中から一部抜粋したものを掲載しております。


*感謝の声
*ご意見・ご要望について

感謝の声(2022年7~8月)

◆紹介状により初めて当院を受診しました。いままで何度か大病にかかり他病院での入院を経験してまいりましたが、今回悪性の皮膚がんと予想もしていなかった事態に正直きつい状態でありました。そのような状況の中、担当の○○医師に詳しく説明いただき、看護師の○○様を初めとしてスタッフの皆様の励ましにより、何とか無事に手術を受けることができました。大変ありがとうございました。また私の今までの経験の中でも、当病院のシステム化された対応の早さ、また看護師に対する向き合う姿勢は十分に伝わってきました。今後とも地域医療の中核病院としてその存在感を十分に発揮されるようお願い申し上げます。

◆4月より皮膚科で主人がお世話になっています。○○医師と○○看護師のお二人に感謝いたします。迅速な判断と適切な処置とあたたかいお言葉を頂いたことで、主人も手術に向かう決心が付きましたし、安心して入院できたことをそばにいて感じることができました。また、○○看護師さんも先生のお言葉の後で、私たちが放心状態の時にいろいろ話してくださいまして暖かく包み込んでくださいました。難しい病気のようですが、○○医師の指示に従っていれば主人の人生の危機を乗り越えていかれると信頼しております。このようななすばらしい医師と看護師のお二人に出会えて人生の僥倖と思っております。主人が完治できると希望を持たせて載せました。

◆子宮体がんで産婦人科にお世話になりました。初めて手術を受けることになり、極限の緊張の中手術台に上がりましたが、麻酔が効くまでの間、看護師の方が方から腕をさすってくださいました。たったそれだけのことかもしれませんが、どんな言葉よりも勇気づけられました。辛く苦しいときの人の温もりは最先端の治療にも勝るとも劣らないと感じさせてくれます。毎日、採血や点滴で常に針をさされ、辛い治療でくじけそうになっても、看護師さんや先生の明るい励ましがあるからこそ、どの患者さんも闘い続けられるんだ思います。どうかこれからも病に苦し人の心に寄り添う治療、看護を続けてください。手術後安静にしているとき、足のマッサージ機で気分が少し癒されました。弾性ストッキングよりいいですね。どうもありがとうございました。

◆朝目覚めたとき本当にほっとしました。○○先生の手術が無事終わり、家に戻れますこと、うれしくありがたく思います。4日間の入院中たくさんの方にお世話になりました。看護師さん、掃除の方、皆様が心細い病人に優しく接してくださいました。特に○○先生は立派な素晴らしい方だと改めて思いました。手術中若い医師を指導しながらてきぱきと進めてくださった声が仰向けに寝ている私にとって心強く、ありがたく聞こえました。○○先生の力、新しい医療技術でこうして改めて生命をいただきましたことありがたく深く感謝申し上げます。

◆皮膚科の○○さんが患者への対応がとても素晴らしく寄り添ってくださり、9歳の娘の軽度の手術の時娘が心配にならないように声掛けや気遣いをしてくださり、安心して終えることができました。妊婦の私自身の心配までしてくださり、○○さんに感謝しています。

◆産婦人科○○先生にお世話になりました。今回の治療を受けていただけないのではないか、と不安と心労で行き場を失いかけていた私を○○先生は優しく迎え入れてくださいました。先生の診察は的確かつ明確で、発する言葉に暖かみがあり、患者1人1人を大切に寄り添って会話してくれているの強く伝わりました。入院中もお忙しい中顔を見せていただき安心しました。○○先生のような素晴らしい方に見ていただけたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

◆以前のかかりつけ医の院長先生より紹介状を口の中の粘膜のあざのような所の検査でした。口腔外科から皮膚科(○○先生)から皮膚科の○○先生にも。検査の細かい内容、手術の女性の先生、すべて大変優しく丁寧で感謝でした。幸い悪い結果ではなかったのですが、悪いことばかり想像してしまいましたので夢のようです。また総合の受付の方々、各科の受付の方々、質問にとてもやさしくお答え、教えていただいて、感謝の連続でした。皆様ありがとうございました。

ご意見・ご要望について(2022年7~8月)

眼科の待ち時間が長いのには慣れっこですが、今日は珍しく早く終わったのに、会計に1時間。がっかりやら悲しいやら。うちの場合、見かけは健康体で子供を両親が預かってくれるので何とかなりますが、待つのが辛いくらい体調が悪い方や保育園のお迎えがあるような方は気が気じゃないでしょう。クレジットカードや口座の登録、何とかお願いできないでしょうか。

 この度は会計の際にお待たせしてしまい、誠に申し訳ございません。現在、診察終了後すぐに帰宅できる仕組みとして、会計後払いシステムの導入を検討しています。引き続き会計待ち時間の短縮について取り組んでまいります。

病院内にレストランがないのは大変不便です。患者家族や職員のことを考えたことはありますか。公立の病院としてとてもはずかしいと思います。10階レストランの再開の予定もないことを真剣に見直してください。

 当院の飲食スペースにつきましてご不便をおかけし大変申し訳ございません。10階のレストラン跡地は診療機能の拡大のために利活用する方針であり、患者さんの飲食スペースとして開放することができません。当院のお食事処といたしましては、1階入り口のカフェ及び2階連絡通路の喫茶店、蕎麦屋がございますので、そちらをご利用くださいますようお願い申し上げます。また2階連絡通路および1階に飲食可能スペースを設けております。
 現在当院の敷地内に建設中の薬局より、飲食が可能なスペースの設置について提案いただいており、調整を進めてまいります。ご不便、ご面倒をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほど何卒宜しくお願い致します。

次回の診察日に検査があるか分かりません。診療予約票を他病院と同様にすることはできないのでしょうか。

 診療予約票について、CTやMR等の予約情報は印字されますが、採血・採尿等の検査情報までは印字できない仕様になっています。現時点ではシステムをカスタマイズを行う予定はありませんが、今後のシステム選定を進めるうえでの参考とさせていただきます。
 なお、診察当日、再来受付機から発行される受付票には、当日の採血・採尿のある場合にはその旨案内したメッセージが印字されますので、そちらを参照ください。

本日身体不自由の娘の診察で2回目の外来でした。雨が降っており、入り口付近の車いすスペースに停めようとしたところ、運転手が身体障がい者のみのスペースだと断りを受けました。手前の案内を見たうえで、そのスペースに進みましたが、そのような説明はあったのでしょうか。あったとしてもわかりにくいです。指示通りのパーキングに停めましたが、本日は雨で病院までの道を車いすをおして行くのは非常に困難なため、足の不自由な娘を歩かせて入り口まで向かいました。ルールは必要だと思いますが、ケースバイケースでは。個人の大変さに寄り添う対応をしてください。案内板の改善を要求します。わかりやすい案内板を早急に用意してください。

 この度はご不便をお掛けし大変申し訳ございません。病院入口付近の駐車場は、クローバーマーク専用の駐車場となっており、お体に不自由のある方が運転されている場合に限定させていただいております。
 車いす等をご利用の方が同乗されている場合は、駐車場内のスペースをご利用いただいております。天候の悪い時などは患者さんに先にロビー付近で降車していただき、お待ちいただく事も出来ます。その際は防災センターのスタッフにお声かけ頂ければ、見守り等のお手伝いをすることも出来ますので、お気軽にお声かけください。防災センタースタッフのご案内の仕方についても指導いたします。
 クローバーマーク専用駐車場は、該当する利用者が必要時に駐車できるようご理解とご協力をお願いいたします。

屋上に入る手前の窓が汚いのでいつも気になります。高い水準は求めていません。ただ一度も拭いていない窓を見るたびに少しさみしい気持ちになります。

 院内の清掃が行き届いておらず、誠に申し訳ございません。清掃業者に対応するよう指示しました。

外来の診察までの待ち時間が長いので、合間に別な手続きができるのではないでしょうか。がんセンターで使用している呼び出しベルを使用すれば無駄なく時間短縮できるのではないでしょうか。

 この度は診察の待ち時間について、ご意見いただきありがとうございます。
 今回、お手紙にてご提案いただいた「呼出用の端末」につきまして、当院でも以前に検討させていただきましたが、感染対策の観点などを考慮し、導入を見送った経緯がございます。
 診察にあたり、お待たせしてしまい申し訳ございません。現在、患者さんを長時間お待たせしない診察予約枠の運用体制や、患者さんへの診察状況に関する情報提供について、引き続き検討しております。何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

採血について。採血オーダーが入っておらず、診療科へ再度戻り、オーダーを入れていただくことが何度もありました。多くの科があり、大変忙しい中で、皆様が頑張ってらっしゃっるのは承知の上で、改善を希望いたします。

 ご指摘の点は当院でも課題として認識しております。関係部署で協議し、システム面のフォローも視野に入れつつ、改善に努めてまいります。

改正前に作ったマイナンバーカードでも健康保険を使える手続きができたら良いと思う。 入院時に高額限度申請の手続きが各自で郵送するのではなく用紙に記入して簡単に手続きできたらうれしいです。

 この度はマイナンバーカード、高度限度額申請に関してご意見を頂きありがとうございます。またスムーズな申請を行えず申し訳ございません。
 当院は、マイナンバーカードを利用した健康保険資格確認(オンライン資格確認)を導入しております。オンライン資格確認では、マイナンバーカードを利用して、健康保険の資格や限度額適用情報の確認をすることができますが、いずれの情報につきましても、それぞれの情報を所管する保険者等の情報登録が行われていない場合には、病院側にて資格情報等の確認をすることができません。また、資格情報等の確認ができない場合、確認できない理由については、病院側で特定することができません。
 そのため、資格情報等の確認ができない場合には、患者さんをお待たせしないためにも、病院としてはオンライン資格確認によらず、従来通りの手段(健康保険証の確認等)により資格情報等の確認をさせていただいております。

 マイナンバーカードを利用したオンライン資格確認は新しい仕組みであり、制度上の都合によりタイムラグが生じるなど、ご不便をおかけしてしまうことがございます。大変申し訳ございませんが、病院としての対応に限界がありますことを、ご理解いただけますと幸いです。

ページトップへ