都市社会文化研究科都市社会文化研究科

研究科の理念と特色

研究科の理念

人間や国際社会に対する深い理解に基づく、現代都市社会の問題解決と新たな理念の創出

都市社会文化研究科とは−−−
主要な研究領域である「都市」「社会」「文化」それぞれの研究ディシプリンを身に付けられる研究科です。また、それらの学際的融合領域に、人間から国際社会まで対象のスケールを問わず、「理論と実践を往還」しながら取り組むことができます。

研究の特色

様々な社会問題・研究課題に対して、学際的なアプローチによって取り組んでいます。

【研究テーマの例】

  • 環境と都市デザインを重視したまちづくり
  • 人口減少・超高齢化に対応した都市計画
  • 地域社会の活性化
  • グローバル社会の問題解決
  • 宗教対立の根源からの再考
  • 多文化共生
  • 社会文化の国際比較
  • 生命をめぐる医療科学の倫理

教育の特色

◯多分野融合型のカリキュラム編成
◯地域社会との連携
◯社会人の積極的受け入れ

入学定員と学位

  入学定員 学位
博士前期課程 20名 修士(学術)
博士後期課程 3名 博士(学術)

カリキュラム構成と修了要件

博士前期課程

次のような科目群によって構成され、2年間で合計30単位取得して修了します。

総合研究科目(4単位) 学外講師を招聘し、実践的関心の喚起を図る科目
特講科目(14単位) 専門性を深める講義科目
 特講基礎科目(4単位以上) 人間・文化理解を目指す人文系科目
 特講展開科目(6単位以上) 応用的・実践的課題を探求する科目
演習科目(8単位) 修士論文作成に向けた研究指導を行う演習科目
修士論文(4単位) 修士論文の提出により単位を取得

※なお、社会人学生を対象に、演習・修士論文の代わりに特別研究・研究報告書によって修了する方式もあります。

博士後期課程

次の科目群から3年間で合計20単位取得し、博士論文審査を経て修了します。

多分野交流演習(2単位) 総合的・学際的視点の獲得を図る演習科目
攻究科目(6単位) 各分野の専門性を深めるための講義科目
演習科目(12単位) 博士論文作成に向けた研究指導を行う演習科目

研究科の理念と特色