医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

看護学専攻博士後期課程

看護学専攻博士後期課程の目的

今後も益々複雑・多様化していく看護ニーズに対応できる看護の実践スキルやシステム構築、看護理論を開発できる看護学研究者、そのような看護ニーズに対応できる看護実践専門職、高度実践看護師を含む高度看護実践専門職を教授できる看護学教育者、さらに、臨床や行政で実践的で、より高度な専門業務を担う看護職者を育成することを目的とします。

看護学専攻博士後期課程の教育理念・目標

多様化複雑化した課題を多角的に分析し、その解決に向けて新たな方法論を提示する能力、看護学研究の成果等を国際水準で、また政策提言に向けて発信する能力を持つ人材育成を目指します。
 看護学に係る高度な専門的知識と臨床能力をもとに、時代や社会事情に沿った看護学を教授するとともに、看護学教育の体制や方法、教育カリキュラム、教育媒体等について新たな提案ができる能力、看護学を基盤とした科学的思考力、創造的思考力、倫理的思考力をもち、かつヒューマニティ志向性を持つ人材育成を目指します。
 看護学の学術的意義や内実を理解した上で、臨床や行政において看護職に期待される役割の具体化を掌握し、高度な専門業務に資する能力、特に分析・遂行能力を持つ人材育成を目指します。

看護学専攻博士後期課程の学位

博士(看護学)

看護学専攻博士後期課程の研究分野

看護ケアシステム開発学
看護管理学システム
感染看護学開発
健康支援看護学
発達療養支援看護学
老年看護学システム開発
アディクション看護学開発
地域ケアシステム看護学

看護学専攻博士後期課程