YCU 横浜市立大学

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017に附属2病院が参加します

2017.09.28
  • TOPICS
  • 病院

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017に附属2病院が参加します

平成28年度のリレー・フォー・ライフ・ジャパン2017の写真です。
横浜市立大学附属2病院は、がん患者さんやその家族を支援するチャリティイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017」に今年も参加します。
リレー・フォー・ライフとは、がん患者さんやその家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指すチャリティ活動です。イベント会場では、仲間とたすきをつなぎながら夜通し歩くリレーウォークや、ステージイベント、チャリティ企画、啓発イベントなど様々な催しが行われ、横浜ではみなとみらいの臨港パークで開催されます。
 

開催日時

当日、横浜市立大学のブースでは、附属2病院のがん医療への取り組みを紹介したパネル展示を中心に、歯科医師、管理栄養士、臨床心理士のミニ講演会、セルフケア体験コーナーなど、医療の知識を正しく身につけられる企画を多数行います。対がん活動の寄附につなげるマーケットも出店予定です。
横浜市立大学の附属2病院は「地域がん診療連携拠点病院」でもあり、昨年も参加したこのようなイベントを通じて、がん患者さんやその家族に寄り添い、支援する活動にこれからも取り組んでいきます。


日時:9月30日(土)12時~10月1日(日)12時
※横浜市立大学ブースの出展は30日(土)16時まで
会場:みなとみらい臨港パーク 芝生広場(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
参加費:1,000円


 

「リレー・フォー・ライフ」とは—

1985年、アメリカで一人の医師がトラックを24時間走り続け、「24時間がんと向き合っている」患者さんの思いを共有し、寄付を募ったことがきっかけで全世界に広まったイベントです。同イベントは現在、世界30か国、約6,000か所で開催され、日本でも49か所で開催されています。 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加