YCU 横浜市立大学

【横浜市立大学データサイエンス学部2018 開設に向けて】「データサイエンスシンポジウム ~これからのデータサイエンスを考える~」を開催します

2017.09.14
  • プレスリリース
  • 大学

【横浜市立大学データサイエンス学部2018 開設に向けて】「データサイエンスシンポジウム ~これからのデータサイエンスを考える~」を開催します

横浜市立大学は、一般社団法人データサイエンティスト協会と共催で「データサイエンスシンポジウム~これからのデータサイエンスを考える~」と題したシンポジウムを開催します。2018 年4 月、横浜市立大学は、首都圏初のデータサイエンス学部を開設します。急速なIoT (Internet of Things)の発展により、日々データが生まれ蓄積される今、データから新たな社会的価値を創造する人材の育成は急務です。本シンポジウムでは、大学教育におけるデータサイエンス教育のいまと今後について、滋賀大学と本学の講演により、多面的な情報共有を図るとともに、企業を交えて発展的なパネルディスカッションを行い、社会が求めるデータサイエンス人材の育成について考えます。

【データサイエンスシンポジウム開催概要】

テーマ:これからのデータサイエンスを考える

開催日時:平成29年10月28日(土)14:00~17:30(13:30 開場)
会場:TKP 新橋汐留ビジネスセンター ホール 401
(〒105-0004 東京都港区新橋 4-24-8 2 東洋海事ビル)
※事前申し込み制(先着順) 定員 120 名 無料

内容(予定)(※講演のタイトルは変更する場合があります)
14:00~14:10 開会
14:10~14:30 講演1「第四次産業革命に果たすデータサイエンティストの役割 」
草野 隆史(データサイエンティスト協会代表理事)
14:40~15:00 講演2「企業が求めるデータサイエンティスト像」
中林 紀彦(SOMPO ホールディングス株式会社)
15:20~15:40 講演3「滋賀大学のデータサイエンス学部について」
竹村 彰通(滋賀大学データサイエンス学部長)
15:50~16:10 講演4「横浜市立大学が目指すデータサイエンス学部」
岩崎 学(横浜市立大学データサイエンス推進センター長)
16:30~17:20 パネルディスカッション
草野 隆史、中林 紀彦、岩崎 学、竹村 彰通、大橋 靖雄(中央大学教授)
17:20~17:30 閉会
17:30~19:15(予定) 懇親会(※会費制)

主催:公立大学法人横浜市立大学
共催: 一般社団法人データサイエンティスト協会 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加