YCU 横浜市立大学

「横浜市、企業とともに考えるデータサイエンスの未来」 9月1日にフォーラムを開催

2017.07.21
  • TOPICS
  • 大学

「横浜市、企業とともに考えるデータサイエンスの未来」9月1日にフォーラムを開催

近年急速に発展してきたIoT (Internet of Things)、データサイエンス分野について、最先端の知識や技術を習得するための環境整備が重要視される中、YCUでは首都圏初となるデータサイエンス学部を2018年4月に開設します。本フォーラムでは、データサイエンス人材が横浜市をはじめとする行政、さまざまな領域の産業界の発展に貢献しうるか、関係者との意見交換を通じて具体的なアクションにつなげるための視点を共有、提示することを目指します。


「横浜市×横浜市立大学 データサイエンスが拓く、横浜の未来」
日時:2017年9月1日(金)15:00-17:00(14:30~開場)
場所:横浜市開港記念会館
アクセスはこちら)
PROGRAM:(予定)※
15:00 開会挨拶 窪田吉信(横浜市立大学 学長)
15:05 講演1「データサイエンス学部構想および目指す人材像 」/岩崎学教授(横浜市立大学データサイエンス推進センター長)
15:25 講演2「横浜市が推進する医療ビッグデータの活用」/増住敏彦氏(横浜市医療局長)
15:50 パネルディスカッション「データサイエンスが拓く横浜の未来と横浜市大への期待」
パネリスト:
相原朋子氏(NTTドコモスマートライフ推進部ビジネス基盤戦略担当部長)
木村洋太氏(株式会社横浜DeNAベイスターズ経営・IT戦略部長)
佐伯諭氏(株式会社電通デジタル執行役員共同CDO)
齊藤岳彦氏(イオンドットコム株式会社 代表取締役社長)
モデレーター:岩崎学教授、山中竹春教授(横浜市立大学データサイエンス推進センター)
講評:松尾泰樹氏(文部科学省大臣官房審議官)
16:55 閉会挨拶 小林一美氏(横浜市政策局長)

定員:250名(先着順で定員に達し次第、締め切りとします。)
主催 横浜市立大学
共催 横浜市
後援 オープンイノベーションプラットホーム横浜(申請中)
 
※登壇者は変更になる場合がございます。ご了承ください。 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加