YCU 横浜市立大学

ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功 -再生医療への応用を大幅に加速-

2017.12.06
  • プレスリリース
  • 研究
  • 医療

ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功 -再生医療への応用を大幅に加速-

~『Cell Reports』に掲載~

横浜市立大学 学術院医学群 臓器再生医学 武部貴則准教授、谷口英樹教授らの研究グループは、複数の企業との産学連携体制のもと、iPS細胞からヒトのミニ肝臓(iPSC肝芽)を、大量製造する手法の開発に成功しました。京都大学iPS細胞研究所・山中伸弥教授らの樹立した、日本人への免疫適合性の高いHLA型をもつHLAホモドナーiPS細胞(研究用)から、ミニ肝臓作製に必要な3種類の全ての細胞および小型化したミニ肝臓を、高い品質を担保して製造することが可能となりました。
さらに、大量製造されたミニ肝臓は、移植により、重篤な肝疾患を発症する免疫不全マウスの生存を大幅に改善することを実証しました。
本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「再生医療実現拠点ネットワークプログラム」、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「戦略的創造研究推進事業」、文部科学省「科学研究費補助金(若手研究A)」の支援を受けて行われ、横浜市立大学拠点(再生医療実現拠点NWプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B))が推進する「肝疾患に対する再生医療の開発」を促進することが期待されます。  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加