YCU 横浜市立大学

ベーチェット病の新規の疾患感受性遺伝子および発症メカニズムを解明

2017.02.07
  • プレスリリース
  • 研究
  • 医療

ベーチェット病の新規の疾患感受性遺伝子および発症メカニズムを解明

Nature Geneticsに掲載

横浜市立大学学術院医学群 眼科学の竹内正樹博士と水木信久主任教授、目黒明特任講師らは、厚生労働省の特定疾患(難病)の一つであるベーチェット病を対象とした過去最大規模の遺伝子解析研究をアメリカ国立衛生研究所、トルコ・イスタンブール大学などと共同で行い、ベーチェット病の遺伝要因(疾患感受性遺伝子)および発症メカニズムを詳細に解明しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加