YCU 横浜市立大学

【開催報告】 平成28年度市民講座「HAMA&BEER~横浜★麦酒の今昔物語~」

2016.11.18
  • TOPICS
  • 地域

【開催報告】 平成28年度市民講座「HAMA&BEER~横浜★麦酒の今昔物語~」

学術情報センター(図書館)

学術情報センターでは11月5日(土)、本学のコレクション資料を活用した市民講座を開催しました。
学術情報センターは市民の方にも開放されている図書館であり、市民講座は市民の方々の利用促進を目的に年1回開催されています。今年は過去最大となる72名の方にご参加いただきました。
学術情報センターでは、明治以降の会社史や団体史を約18,000冊所蔵しており、全国でも有数のコレクションを形成しています。
今回の講座では、コレクション資料の中から『麒麟麦酒株式會社五十年史』や『大日本麦酒株式會社三十年史』など、ビール会社の社史を中心にピックアップし、横浜におけるビール業界の歴史を学術情報センター職員が紹介しました。
また、特別講演では、今年90周年を迎え10月1日(土)にリニューアルしたキリンビール株式会社横浜工場の横山文彦氏を講師にお招きし、「麒麟麦酒の歴史と横浜工場90周年」というテーマでご講演をしていただきました。
講演の最中では、北方小学校の地下にある巨大貯水槽がテレビ番組で紹介された様子や関東大震災発生時の航空写真なども紹介され、参加者の興味を終止惹きつける内容となりました。
会場には本学のコレクション資料を展示し、講座の参加者に自由にご覧いただきました。また、講座終了後には「会社史・団体史コーナー見学会」を実施し、図書館内をご見学いただきました。
アンケート集計結果では、回答者の96%から「満足した」という回答をいただき、「ビールの歴史を楽しく学ぶことができた」「会社史・団体史の紹介もわかりやすく、利用してみたいと思った」など、ご好評を寄せていただきました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加