YCU 横浜市立大学

マッケンジー・クラグストン駐日カナダ大使が横浜市立大学で講演

2015.11.14
  • プレスリリース
  • グローバル

マッケンジー・クラグストン駐日カナダ大使が横浜市立大学で講演

カナダにおける多文化主義と移民政策

平成27年11月13日
グローバル推進課

横浜市立大学は、グローバルな視野をもって活躍する人材の育成を目的に、毎年、各国の大使など国際的に活躍する方々をお招きして、各国の動向や、日本との関わりなど、グローバルな視点から語っていただく講演会を英語で開催しています。
今回は、マッケンジー・クラグストン駐日カナダ大使をお招きして、カナダにおける文化の多様性をテーマにした講演を行っていただきます。歴史的にも日本と深い関係を築き上げてきたカナダにおける文化の多様性、移民に関する問題は、横浜市立大学学生にとっても関心の高いテーマであり、学生と大使との英語による活発な意見交換が期待されます。大使と学生による国際交流の最前線を、ぜひご取材下さい。

プログラム概要

開 催 日 時  平成27年11月17日(火)10時30分~12時00分
テ ー マ   「Canada, a Country of Cultural Diversity 」(多文化の国 カナダ)」
会 場    横浜市立大学 金沢八景キャンパス 文科系研究棟1F 大会議室(横浜市金沢区瀬戸22‐2)
講 演 者  マッケンジー・クラグストン 駐日カナダ大使
モデレーター 横浜市立大学 学術院 国際総合科学群 国際都市学系 グローバル協力コース 上村 雄彦 教授
対 象    横浜市立大学生
使用言語   英語(同時通訳なし)

プログラムスケジュール

時間 内容
10:30~10:35 開会挨拶、大使の紹介
10:35~11:25 大使講演
11:25~11:45 質疑応答、学生との意見交換
11:45~12:00 閉会挨拶、大使と学生との写真撮影

講師プロフィール

マッケンジー・クラグストン(Mackenzie Clugston)駐日カナダ大使

1982年、外務・国際貿易省入省。1985~97年の間に二度、在日カナダ大使館勤務となり、広報官および商務官を務める。2000年、在大阪カナダ総領事として再び日本に赴任し、2003年、 在日カナダ大使館公使兼副館長に就任。2009~2012年、駐インドネシア、東ティモール兼東南アジア諸国連合(ASEAN)カナダ大使を務める。
オタワの本省ではアフリカ南部タスクフォース、国際金融・投資局、対米貿易・経済政策局、国際経済局などの職務を歴任。1997年、政策顧問として枢密院に出向、その後本省で人事・上級管理局長を務める。
1974年にトレント大学で学士号(歴史学、国際政治学)を、1977年にクイーンズ大学で修士号(行政学)を取得。英語、フランス語、日本語に堪能。神戸生まれで、家族は妻ポーラ・バワーズと二人の息子アンガスとダンカン。
2012年9月12日 駐日カナダ大使に任命され、12月14日 天皇陛下へ信任状を捧呈する。
(駐日カナダ大使館HPより転載)

取材をご希望の場合は 11月16日(月)までに、以下までお申し込みください。

グローバル推進課 TEL:045-787-8945 FAX:045-787-8907 E-mail:


お問い合わせ先
グローバル推進課長  富田 勇一  Tel 045-787-2352

<参考> これまでの各国大使による講演会

年度 講師 内容
平成22年度 ジョン・ルース駐日アメリカ大使 「日米同盟50周年を迎えた両国の関係」
“U.S.-Japan relations in the 50th year’s anniversary of the U.S.-Japan Alliance”
平成23年度 ヴィンチェンツォ・ペトローネ駐日イタリア大使 「イタリアの経済情勢と日本との関係」
“Italy today : economic realities and its relations with Japan”
平成24年度 フォルカー・シュタンツェル駐日ドイツ大使 「ドイツのエネルギーシフト-その成否」
“Germany’s Energy Revolution – Possible Or Not?”
平成25年度 アケチ=オクロ駐日ウガンダ大使 「アフリカの真珠:ウガンダ~ウガンダの政治・経済・ビジネス・観光等とこれからの日本との関係~」
“The Peal of Africa - Uganda - ”
平成26年度 ネナド・グリシッチ駐日セルビア共和国大使 「国際関係におけるセルビア」について」
“Serbia in global relations”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加