YCU 横浜市立大学

地(知)の拠点整備事業シンポジウム「超高齢社会で何が起こる?〜一緒に考えよう横浜の未来〜」を開催

2015.03.12
  • 地域
  • 公開講座

地(知)の拠点整備事業シンポジウム「超高齢社会で何が起こる?~一緒に考えよう横浜の未来~」を開催

横浜市立大学は横浜市と連携し、「環境未来都市」実現に向け、学生の視点を活かしながら地域活性化策の検討と地域での実践活動を行うことで、地(知)の拠点として持続性あるヨコハマ型まちづくりを考えています。
「超高齢社会で何が起こる?一緒に考えよう横浜の未来」をテーマにしたシンポジウムを開催いたしますので、ぜひご参加ください。

日時:平成27年3月12日(木)16:00~18:50
場所:横浜情報文化センター 6階 情文ホール (横浜市中区日本大通11番地)

プログラム

16:00~16:03 ◆ 開会あいさつ
横浜市立大学学長 窪田 吉信
16:03~16:15 ◆「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」について
横浜市立大学国際総合科学部教授 鈴木 伸治
16:15~16:45 ◆ 第一部
「超高齢社会の現状と課題~長寿社会のまちづくりへのアプローチ~」
東京大学高齢社会総合研究機構 学術支援専門職員 木村 清一 氏
16:45~17:00 ◆ 第二部
学生による地域貢献活動報告
17:10~18:50 ◆ 第三部
「持続性のある、ヨコハマ型まちづくりを考える」
登壇者
金沢区長 林 琢己 氏
京浜急行電鉄株式会社常務取締役生活事業創造本部長 國生 伸 氏
横浜市立大学医学部地域看護学教室教授 田高 悦子
横浜市立大学国際総合科学部准教授 中西 正彦
フリーアナウンサー(コーディネーター) 町 亞聖 氏

申込方法

シンポジウム参加をご希望の方はFAXまたははがきに「郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加希望人数(5人まで)、質問事項、まちづくりシンポジウム参加」と明記のうえ、下記までご応募ください。後日、聴講券を郵送します。
※ 複数で参加申込みの場合、聴講券はお申し込みされた方にのみ郵送します。
3月9日(月)が申し込みの締め切りとなっておりますが、定員となり次第締め切ります。
ご参加の際は早めにお申し込みください。
※お申し込みいただきました個人情報は、厳重に管理し、セミナーに関する連絡のみ使用し、第三者への提供・開示することはいたしません。

お申し込み先 ※ 締切 3月9日(月)必着
〒231‐8445 横浜市中区太田町2‐23
神奈川県新聞社クロスメディア営業局 「まちづくりシンポジウム」係
  • このエントリーをはてなブックマークに追加