医学部医学科・医学研究科医科学専攻医学部医学科
医学研究科医科学専攻

依存症について~その理解と援助、自殺対策の視点から~

この講座は開催終了しました。

アルコールや薬物の問題に苦しむ患者さんが、治療に取り組み回復を目指す中で自殺へと追い込まれてしまうことも少なくありません。いったいどのようにして自殺へ追い込まれてしまうのか、自殺既遂者の調査結果をもとにその特徴を知り、わたしたちにどのような援助ができるのか、みなさまと一緒に考えていきたいと思います。

-平成29年度後期リーフレットのタイトル表記である「依存症と自殺」からタイトルが変更となりました。

日時 平成 29年10月3日
火曜日  14:00〜16:00
受付開始 13:30
会場 開港記念会館講堂
横浜市中区本町1-6
電車でお越しの場合
1.JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分(約700m)
2.市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)
3.みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分(約50m)

バスでお越の場合
.「本町1丁目」から徒歩1分(約50m)又は「日本大通り駅・県庁前」から徒歩3分(約200m)
講師 横浜市立大学学術院医学群附属市民総合医療センター精神医療センター 助教 辻村 理司(つじむら さとし)
受講対象
募集人数
一般 400人